このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

インド・アンドラ・プラデシュ州政府との間のマスター・プラン策定に係る協力覚書への署名について

  • 印刷
平成30年2月26日
農林水産省

農林水産省は、平成30年2月25日(日曜日)、インド・ヴィシャカパトナムにおいて、同国アンドラ・プラデシュ州政府との間で、同州におけるコールドチェーン構築のためのマスター・プラン策定に係る協力覚書への署名を行いました。

概要

現在、我が国は、世界の食市場が急速に拡大する中で、産学官連携で日本の「強み」を活かした農業生産から製造・加工、流通、消費に至る各段階の付加価値をつなぐ国際的なフードバリューチェーンの構築を推進しているところです。 

この一環として、平成28年7月、農林水産省とインド・アンドラ・プラデシュ州政府との間で、同州におけるフードバリューチェーン構築に係る協力覚書を締結したところですが、この度、同協力覚書に基づき、両者の間で、同州におけるコールドチェーン構築のためのマスター・プラン策定に係る協力覚書の締結に合意し、池渕雅和審議官とGirija Shankar(ギリジャ シャンカール)同州食品加工省長官が署名を行いました。 

今後、この協力覚書に基づき、同州において、我が国の技術を活用したフードバリューチェーン構築(特にコールドチェーン)の可能性を追求するため、トライアルプロジェクトの実施を含んだ調査を開始し、2019年3月末を目途にマスター・プラン素案を作成する予定です。


<添付資料>
(正文(英文))Memorandum of Cooperation On Designing of Master Plan between The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan and The State Government of Andhra Pradesh, India (PDF : 88KB)
(仮訳)日本国農林水産省とインド国アンドラ・プラデシュ州政府の間のマスター・プラン策定に係る協力覚書 (PDF : 128KB)

お問合せ先

大臣官房国際部国際地域課

担当者:大西、白神
代表:03-3502-8111(内線3474)
ダイヤルイン:03-3502-8089
FAX番号:03-5511-8773

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader