このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「第2回日・オランダ農業協力対話 第1回分科会」の開催について

  • 印刷
平成30年6月6日
農林水産省
農林水産省及びオランダ王国農業・自然・食品品質省は、平成30年6月12日(火曜日)に、オランダ王国ハーグ市において、「第2回日・オランダ農業協力対話 第1回分科会」を開催します。
なお、会議は非公開です。ただし、カメラ撮影は開会挨拶のみ可能です。

1.開催概要

農林水産省とオランダ王国経済省(当時。現在は農業・自然・食品品質省)は、平成28年12月に、両国の農業分野におけるイノベーションの推進とそれぞれの知見及び専門知識の交換といった協力を促進するため、日・オランダ農業協力対話を創設しました。(http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/161215.html
今年は昨年の第1回会合(分科会及び本会合)に続く第2回会合で、今回はその第1回分科会(テーマ:施設園芸におけるロボット・AIの活用)を開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成30年6月12日(火曜日)9時00分~12時00分
会場:オランダ王国ハーグ市 Malietoren(マーリトーレン、オランダ農業・自然・食品品質省近くの建物)

3.参加者

日本とオランダ両国の政府関係者、施設園芸関係事業者及び研究者等

4.議題

施設園芸農家の所得確保と今後想定される労働人口の減少に対応するためには、AIやロボット等革新技術の開発・活用による生産性向上と労働力省力化が重要です。このため、日・オランダ両国における(1)トマト等の収穫や葉かき作業等を自動化するロボット技術や、(2)生体情報を把握することで、より精緻な環境制御・収量予測等を可能とするAI技術等の開発状況と今後の展望を紹介し、議論・意見交換を行います。

(1) 開会挨拶
(2) 日・オランダ両国による報告
[日本側]
(ア)トマト収穫ロボットの開発
(パナソニック株式会社生産技術本部 ロボティクス推進室課長 戸島亮氏)
(イ)高精度な植物生育診断とこれによる栽培・労務管理の最適化
(愛媛大学大学院農学研究科教授 高山弘太郎氏、井関農機株式会社アグリクリエイト部技師補 坂井義明氏)
(ウ)栽培・労務管理オープンプラットフォーム(共通データベース)構築のためのデータ収集システム開発
(農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センター 高度施設型作業ユニット長 太田智彦氏)
[オランダ側]
(ア)イノベーション政策とスマート園芸の応用研究
 (農業・自然・食品品質省ビジネス開発特使 フレデリック・フォッセナー氏、
 ワーヘニンゲン大学研究センター 国際協力アジア担当マネージャー アルヨ・ロットハイス氏)
(イ)温室の自動化(グリーンリーフカッター(葉かきロボット)とその他革新的技術開発)
 (プリバ社アジア担当マネージング・ディレクター テラ・ローリング氏)
(ウ)効率的な生体情報解析と精密園芸のための自動化・ロボット技術
 (ワーヘニンゲン大学研究センター フェノミクス・オートメーションシニアリサーチャー/ビジネスディベロッパー リック・ファンデゼッデ氏)
(3) 質疑応答・意見交換
(4) 取りまとめ

5.報道関係者の皆様へ

本会議は非公開としますが、カメラ撮影は開会挨拶のみ可能です。また、会議終了後に、農林水産省及びオランダ王国農業・自然・食品品質省担当者に対してぶら下がり取材を行うことも可能です。
報道関係者でカメラ撮影及び取材を希望される方は、6月7日(木曜日)までにFAXにて以下「お問合せ先」に、カメラ撮影及び取材を希望する旨、所属(日本語表記・英語表記双方)、氏名(フリガナのアルファベット表記も記載してください)、連絡先(電話番号、FAX番号)を明記の上、お申込みください(様式自由)。
お申込みをしていただいた方には、後ほど、詳細について御連絡を差し上げます。
カメラ撮影及び取材の際は、現地係員の指示に従ってください。
また、都合により予定が変更となることがございます。あらかじめ御了承ください。

6.参考

「第1回日・オランダ農業協力対話」における開催実績は、次のとおりです。
〇第1回分科会(昨年5月8日、「販売力強化のための生産者組織のあり方」)(http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kanren_sesaku/nether.html
〇第2回分科会(昨年10月4日、「産官学連携によるイノベーション、研究開発成果の生産現場への普及」)(http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kanren_sesaku/171108.html
〇第3回分科会(昨年11月20日、「農林水産物の輸出促進に向けた取組」)(http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kanren_sesaku/171129.html
〇本会合(昨年11月21日)(http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kanren_sesaku/171128.html

お問合せ先

(取材申込み、日・オランダ農業協力対話について)
 大臣官房国際部国際地域課
 担当者:渡辺、尾野
 代表:03-3502-8111(内線3470)
 ダイヤルイン:03-3501-3731
 FAX番号:03-5511-8773

(園芸政策について)
 生産局園芸作物課
 担当者:清水、西本
 代表:03-3502-8111(内線4828)
 ダイヤルイン:03-3593-6496
 FAX番号:03-3502-0889