このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

農林水産大臣等の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)への出席等の結果概要について

  • 印刷
令和元年8月30日
農林水産省
令和元年8月28日(水曜日)から30日(金曜日)の日程で、横浜で第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が開催され、𠮷川農林水産大臣は、8月29日(木曜日)、テーマ別会合「農業」に出席したほか、国際機関要人と会談を行いました。また、高野農林水産大臣政務官は、8月28日(水曜日)にサイドイベントに出席したほか、8月30日(金曜日)にTICAD7参加国要人との二国間会談を行いました。

1.日程

(1)令和元年8月28日(水曜日)
・農水省主催シンポジウム
・TICAD7サイドイベント

(2)令和元年8月29日(木曜日)
・テーマ別会合「農業」
・国際機関要人との会談

(3)令和元年8月30日(金曜日) 
・TICAD7参加国要人との二国間会談

2.概要

1.TICAD7テーマ別会合「農業」

𠮷川農林水産大臣が出席し、1)アフリカの現下の課題である食料安全保障の確立に向けた専門家派遣の拡充、2)フードバリューチェーン構築に向けた取組、3)未来の農業協力としてのスマート農業等、官民一体となった息の長い農業協力を行っていくという方針を幅広い関係者に説明しました。

2.𠮷川農林水産大臣と国際機関要人との会談

(1)国連世界食糧計画(WFP)
会談相手:ビーズリー事務局長
(WFPとの連携)
WFPと我が国の農業・食品企業との連携の推進及び先端技術を活用した海外での連携可能性の検討について確認しました。

(2)国連食糧農業機関(FAO)
会談相手:屈事務局長
(FAOとの連携)
𠮷川農林水産大臣から、本年8月に就任した屈事務局長が世界の食料・農業問題への取組にリーダーシップを発揮することを期待する旨述べつつ、世界農業遺産(GIAHS)の推進、邦人職員の増加に向けた取組の重要性等を確認しました。

3.その他
高野農林水産大臣政務官は、農林水産省主催シンポジウム「アフリカを動かす力ー食・農業の未来に向けてー」及びJICA・OIE主催イベント「日・OIE協調プログラム」に出席し、農業分野におけるアフリカ支援の重要性等について発言しました。
また、8月30日(金曜日)には、バルデ・セネガル農業・農村施設大臣及びシリ・ジンバブエ土地・農業・水・気候・地方再定住大臣とそれぞれ二国間会談を行いました。

3.参考

令和元年8月27日付けプレスリリース「農林水産大臣等の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)への出席等について」
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/190827.html

お問合せ先

(テーマ別会合及び二国間会談について)
大臣官房国際部国際地域課
担当者:瀬尾、北村
代表:03-3502-8111(内線3475
ダイヤルイン:03-3502-5926
FAX
番号:03-5511-8773

 (二国間会談(国際機関)について)
大臣官房国際部国際経済課国際機構グループ
担当者:田端、中村
代表:03-3502-8111(内線3503
ダイヤルイン:03-3502-8498
FAX
番号:03-3502-0735

(農水省シンポジウムについて)
大臣官房国際部国際地域課海外投資・協力グループ
担当者:川上、根本
代表:03-3502-8111(内線3511
ダイヤルイン:03-3502-8058
FAX
番号:03-3502-8083

JICAOIEサイドイベントについて)
消費安全局動物衛生課
担当者:沖田、近藤
代表:03-3502-8111(内線4584
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX
番号:03-3502-3385