このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話について(結果概要)

  • 印刷
平成29年8月28日
農林水産省

平成29年8月25日(金曜日)にベトナム(カントー)にて開催された、APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話の概要をお知らせします。

1.日程及び場所

日程:平成29年8月25日(金曜日)
場所:ベトナム(カントー)

2.APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話

(1)出席者

国・地域:我が国(池渕審議官)、ベトナム(議長)、豪州、カナダ、チリ、中国、インドネシア、韓国、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィリピン、ロシア、シンガポール、台湾、タイ、米国、ペルー 17の国と地域

国際機関:FAO(国連食糧農業機関)

(2)概要

  • 今次会合は、「気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進」をテーマに、(a)「変化する環境下における食料安全保障」、(b)「イノベーション、技術及び応用研究」、(c)「持続可能な農業投資における官民連携の推進」について議論。
  • 我が国からは、フード・バリューチェーンについて、官民ファンド(A-FIVE)を活用した事例や農業協力対話を通じたベトナムでの取組を紹介するとともに、官民連携によるフード・バリューチェーンの構築の重要性及びフード・バリューチェーン構築を通じた世界の食料安全保障の強化に貢献していく旨を発言。
  • 気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するカントー声明及び関連する2つの行動計画を採択。

3.気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するカントー声明のポイント

  • 気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進のための協力強化を推進。特にフード・バリューチェーンの構築は、農村開発の促進に寄与。
  • 各国・地域が、これらに自主的に取り組むための以下の「行動計画」を承認。
    ・食料安全保障及び気候変動に関するAPEC複数年行動計画
    ・食料安全保障と質の高い成長の強化のための農村・都市開発に関するAPEC行動計画

<添付資料>

(1) 気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するカントー声明(英文)(PDF : 200KB)
(2) 気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するカントー声明(仮訳)(PDF : 289KB)
(3) 気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するカントー声明概要(和文)(PDF : 140KB)
(3-1) 食料安全保障及び気候変動に関するAPEC複数年行動計画概要((3)の別添1)(PDF : 127KB)
(3-2) 食料安全保障と質の高い成長の強化のための農村・都市開発に関するAPEC行動計画概要((3)の別添2)(PDF : 162KB)

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:島崎、稲田
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-3502-8497
FAX番号:03-3502-0735

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader