このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

G7農業大臣会合の結果概要について

  • 印刷
平成29年10月16日
農林水産省

平成29年10月14日(土曜日)から15日(日曜日)までイタリア(ベルガモ)にて開催された、G7農業大臣会合の概要をお知らせします。

1.日程及び場所

日程:平成29年10月14日(土曜日)~15日(日曜日)
場所:イタリア(ベルガモ)

2.出席者

国・機関:我が国(松島農林水産審議官)、伊(議長国)、米、英、仏、独、加、EU
国際機関:FAO(国連食糧農業機関)、OECD(経済協力開発機構)、WFP(国連世界食糧計画)、IFAD(国際農業開発基金)、AU(アフリカ連合)

3.概要

・今次会合は、農家の強靭性強化と農村開発に焦点をあて、農業におけるリスク管理政策と災害防止・対策のための手段、食料安全保障及び増加する移民について議論。
・我が国からは、昨年、日本(新潟)で実施されたG7新潟農業大臣会合を踏まえたその後の取組、我が国の農業におけるリスク管理や労働力不足に対するイノベーションの観点からの取組を紹介するとともに、G7各国との意見交換を通じて、リスク管理や農村開発を推進していく旨を発言。
・G7ベルガモ農業大臣会合コミュニケ(別添)を採択。

<添付資料>
G7ベルガモ農業大臣会合コミュニケ概要(PDF : 158KB)
G7ベルガモ農業大臣会合コミュニケ(英文)(PDF : 122KB)
G7ベルガモ農業大臣会合コミュニケ(仮訳)(PDF : 192KB)

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:稲田、小林
代表:03-3502-8111(内線3505)
ダイヤルイン:03-3502-8497
FAX番号:03-3502-0735

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader