ホーム > 報道発表資料 > 『「世界の食料問題を考えよう」シンポジウム』の開催結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年7月2日

農林水産省

『「世界の食料問題を考えよう」シンポジウム』の開催結果について

6月30日、石田農林水産副大臣、独立行政法人農業・食品産業総合研究機構作物研究所岩永勝所長及び国連世界食糧計画日本事務所焼家直絵支援調整官等の出席を得て、飢餓・貧困の現状とその支援状況についての議論を通じ、広く国民の皆様に農林水産省が行っている国際協力への理解を深めていただくために『「世界の食料問題を考えよう」シンポジウム』を開催しました。

日時、会場

開催日時:平成21年6月30日(火曜日)13時30分~17時45分

会場:国際連合大学 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

参加者及び人数

民間企業51名、NPO・NGO8名、農林水産省及び公益法人68名、学生79名、報道関係者21名など約270名

結果概要

1.石田農林水産副大臣より、持続可能な農業の確立、アフリカを始めとする途上国の食料生産強化等の重要性を述べるとともに、本シンポジウムが食料問題や飢餓問題の解決策を導き出す一つのきっかけになることを願うと挨拶しました。

2.基調講演では、岩永所長による「食料問題に対する研究開発の取り組み」、焼家支援調整官による「飢餓の現状と取り組み」についての発表があり、講演後、会議の参加者と、食料価格高騰の要因、農地拡大の可能性等について質疑応答がありました。

3.パネルディスカッションでは、荘林学習院女子大学教授が進行役となり、2名の基調講演講師及び4名のパネリスト(下記「プログラム」)により討議を行いました。
各パネリストによる発表(「NGOの飢餓に対する取り組み」「世界の食料事情と今後の見通し」「民間投資事例」「世界の飢餓から食生活を見直そう」)の後、(1)「世界の食料危機を回避するために何が重要か」、(2)「世界の食料問題への国民の理解を踏まえ日本としてどう取り組むべきか」の2つの論点で議論しました。

  • 論点(1)について、開発途上国の食料生産に一層悪影響を及ぼす温暖化対策の支援途上国の自立を促進する支援国民に食料問題の関心を呼び起こすことの重要性等の意見が述べられました。
  • 論点(2)について、

(ア)我が国の課題として、我が国は微妙なバランスで食料輸入が可能となっている現状から食料危機に対し脆弱であり国民が危機意識を持つことが重要食品ロス削減に積極的に取り組むことが必要国内の小規模農家支援の必要性等の意見がありました。

(イ)途上国への支援として、農業支援には基盤整備、栽培技術、集荷・流通のいずれも必要日本の稲作技術のアフリカなどへの移転が重要等の意見が述べられました。

(ウ)民間農業投資として、ブラジルでは農地拡大が可能、農業生産事業はインフラ整備や収益を得るまで数年以上かかる等のため公的支援が必要等の意見が述べられました。

会場の参加者と、日本の農業技術・政策、海外農業投資、遺伝子組み換え作物生産等についての活発な質疑応答がありました。
パネルディスカッションの締め括りとしてコーディネーターの荘林教授が、日本と世界は食料でつながっており、そのつながりを意識、理解することが食料問題を解決する道筋の一つ我が国として取り組むべきことは多くある、と総括されました。

4.閉会挨拶の中で、農林水産省国際協力課長から、目下検討中の農林水産省の国際協力の方針の考え方について説明し意見等を募集中であることを紹介しました。

プログラム

1.開会挨拶 石田祝稔 農林水産副大臣(13時30分~13時35分)

2.基調講演(13時35分~14時50分)

  • 岩永 勝 (独)農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所所長
  • 焼家直絵 国連世界食糧計画(WFP)日本事務所支援調整官

3.パネルディスカッション(15時10分~17時40分)

  • コーディネーター 荘林幹太郎 学習院女子大学教授
  • パネリスト 神田英輔 日本国際飢餓対策機構特命大使
  •         〃        山田    優 日本農業新聞編集委員
  •         〃        斎藤卓也 三井物産(株)穀物油脂部プロジェクトマネージャー
  •         〃        實重重実 農林水産省総括審議官(国際担当)

主催・共催

国連世界食糧計画(WFP)日本事務所

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際協力課
担当者:交流・研修班 川部、山口
代表:03-3502-8111(内線3514)
ダイヤルイン:03-3592-0313
FAX:03-3502-8083

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図