ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 森本農林水産大臣政務官の海外出張概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年1月23日

農林水産省

森本農林水産大臣政務官の海外出張概要について

森本農林水産大臣政務官は、1月19日(木曜日)から23日(月曜日)にかけて、欧州委員会への日本産食品の輸入規制緩和要請のためブラッセル(ベルギー王国)へ、第4回ベルリン農業大臣サミット出席のためベルリン(ドイツ連邦共和国)へ出張しました。 

 欧州委員会への日本産食品輸入規制緩和要請(ブラッセル)

 1. 日程・場所

     日時:平成24年1月20日(金曜日)

     場所:ブラッセル(ベルギー)

2. 会談概要

コッジ欧州委員会保健・消費者総局長との会談
(ア)森本農林水産大臣政務官より、日本は食品のモニタリング検査と出荷制限を厳格に行っており、暫定規制値を超える食品の件数は減少していること、4月から規制値を見直し強化する予定であること等を説明しました。その上で、EU側が求めている証明書の発行の免除、これが困難な場合には検査証明を要する品目や都県の縮小、通関時のサンプリング検査の緩和について要請しました。

(イ)これに対しコッジ総局長から、日本の消費者の安全・安心の確保を目的とする規制値の強化を評価するも、都県の縮小、通関時のサンプリング検査の緩和については、加盟国と協議して検討していきたい、夏までに新たなデータに基づく実務者との話し合いの場を希望する旨の発言がありました。

第4回ベルリン農業大臣サミット(ベルリン)

1.日時・場所

    日時:平成24年1月21日(土曜日)

    場所:ベルリン(ドイツ)

2. 主催

     ドイツ食料・農業・消費者保護省

3. テーマ

     持続可能な成長を通じた食料安全保障  -限られた資源による農業-

4. 参加者

     欧州を中心に約70の国・地域等             

5. 概要

 森本農林水産大臣政務官は、本サミットに併せて、以下の者と会談を行いました。
(ア) ミューラー・ドイツ食料・農業・消費者保護省政務次官
ドイツにおける日本産食品の輸入規制の緩和について意見交換を行い、ドイツ側より、日本の厳格な食品安全管理を信頼しており、早期に通常の体制に戻していきたいとの説明がありました。
(イ)スペルマン・イギリス環境・食料・農村地域大臣
英国側より、一昨年に名古屋で開催されたCOP10での日本のイニシアティブについて謝意が表明され、日本産食品の輸入規制の緩和要請に対し、積極的に日本をサポートしていきたい旨説明がありました。また、本年6月に開催予定のリオ+20の成功に向けて、日英両国が取り組んでいくことで一致しました。

参考

平成24年1月18日付けプレスリリース「森本農林水産大臣政務官の海外出張について」
URL: http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokkyo/120118.html 


お問い合わせ先

大臣官房国際部国際協力課
担当者:中泉、水谷
代表:03-3502-8111(内線3511)
ダイヤルイン:03-3502-8058
FAX:03-3502-8083

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図