ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 食料価格乱高下に関するFAO閣僚級会合の結果概要


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年10月17日

農林水産省

食料価格乱高下に関するFAO閣僚級会合の結果概要

郡司農林水産大臣は、イタリア共和国(ローマ)に出張し、FAO(国連食糧農業機関)主催の食料価格乱高下に関する閣僚級会合に出席したほか、FAO事務局長及びフランス等の閣僚との会談を行いました。

1. 日程、場所

日程 : 平成24年10月16日(火曜日)

場所 : イタリア共和国(ローマ)

2. 出席者

FAO加盟国の閣僚級等(我が国からは郡司農林水産大臣が出席)

3. 会合等の概要

(1)食料価格乱高下に関する閣僚級会合

今般の食料価格の高騰を受け、FAO加盟国の閣僚級で食料価格の乱高下への対応策として、多様な農業の振興や共存を図りながら農業生産を増大すること等について議論が行われ、国際社会が協調して取り組むことの重要性が確認されました。

詳しくは添付資料をご覧ください。

 

(2)要人との会談

以下の要人と会談し、食料安全保障や農業政策等について意見交換を行いました。

  • FAO:グラツィアーノ事務局長
  • フランス:ル・フォル農業・農産加工業・林業大臣
  • ブラジル:ヴァルガス農業開発大臣

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際協力課
担当者:中泉、井上
代表:03-3502-8111(内線3512)
ダイヤルイン:03-3502-5914
FAX:03-3502-8083

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図