ホーム > 報道発表資料 > APEC食料安全保障担当大臣会合の結果概要


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年10月17日

農林水産省

APEC食料安全保障担当大臣会合の結果概要

10月16日から17日にかけて、新潟県(新潟市)において、APECで初めてとなる食料安全保障担当大臣会合を開催し、鹿野農林水産大臣が議長を務めました。会合では、APEC21全エコノミー参加の下、食料安全保障についてAPECとして目指すべき共通目標を定めた「APEC食料安全保障に関する新潟宣言」と、共通目標の実現のための具体的な行動を定めた「行動計画」を採択しました。

1. 日程・場所

日程:平成22年10月16日(土曜日)~ 17日(日曜日)

場所:新潟市朱鷺メッセ

2. 参加

アジア太平洋地域の21の国・地域(エコノミー)の食料安全保障担当大臣又はその代理、関係国際機関、オブザーバー

3. 当省からの出席者

鹿野農林水産大臣

筒井農林水産副大臣

篠原農林水産副大臣

4. 閣僚宣言・行動計画のポイント

(1)「閣僚宣言」は、APECエコノミーが今後目指すべき共通目標を示すものであり、その中で

等について取り組むべき方向がまとめられました。

(2)閣僚宣言で示した共通目標を実現するための具体的な活動を定めた「行動計画」には、各エコノミーから提案された62の行動が盛り込まれました。

詳細については、添付資料をご覧ください。

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際政策課対外政策調整室
担当者:佐藤、伊藤
代表:03-3502-8111(内線3426)
ダイヤルイン:03-3591-0758
FAX:03-5512-7652

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図