ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 林農林水産大臣の海外出張概要について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年1月27日

農林水産省

林農林水産大臣の海外出張概要について

林農林水産大臣は、平成26年1月25日(土曜日)から26日(日曜日)までの間、スイス連邦(ダボス)に出張し、WTO非公式閣僚会合に出席したほか、要人との会談等を行いました。

日程及び場所

日程:平成26年1月25日(土曜日)

場所:スイス連邦(ダボス)

WTO非公式閣僚会合

1.出席国

スイス(シュナイダー・アマン経済大臣[主催国])、日本(林農林水産大臣、茂木経済産業大臣)、米国(フローマン通商代表)、EU(デ・グフト貿易委員)カナダ(ファスト貿易大臣)、豪州(ロブ貿易投資大臣)など計22ヵ国の閣僚等及びアゼベドWTO事務局長。

2.概要

(1)平成25年12月の第9回閣僚会議の結果を評価し、WTOにおける今後の作業の進め方を中心に議論を行いました。

(2)林大臣からは、WTOにおける農業分野の今後の活動について、最近の各国の農政や農産物貿易の実態を踏まえ、食料安全保障を確保し、「多様な農業の共存」を実現するためのルール作りを目指すべきと主張しました。

(3)シュナイダー・アマン経済大臣(議長)は、次のとおり総括しました。

・第9回閣僚会議の決定事項を着実に実施するとともに、DDA(ドーハ開発ラウンド)の残された課題についての明確な作業計画の準備を早急に開始すべき

・農業、NAMA(非農産品)、サービスという難しい分野についても、取り組むべき

・今日の世界の急速な変化を踏まえて、新しいアプローチが必要

 

要人との会談

 フローマン米国通商代表と会談し、農産物等についての意見交換を行いました。

世界経済フォーラム年次総会

1.世界経済フォーラム主催の農業セッションに参加し、農業・食品産業の強化やフード・バリューチェーン構築等の重要性を説明しました。

2.伝統的な日本料理を提供する「ジャパン・ランチ」に出席し、日本食・食文化の発信に努めました。

参考

平成26年1月24日付けプレスリリース「林農林水産大臣の海外出張について」

http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/boueki/140124.html

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課WTO等交渉チーム
担当者:布施、渡邉(孝)
代表:03-3502-8111(内線3462)
ダイヤルイン:03-3502-5904
FAX:03-3501-0581

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図