ホーム > 報道発表資料 > 田名部農林水産大臣政務官のカンボジア出張概要について~「第10回アセアン及び日中韓農林大臣(AMAF+3)会合」出席~


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年11月4日

農林水産省

田名部農林水産大臣政務官のカンボジア出張概要について~「第10回アセアン及び日中韓農林大臣(AMAF+3)会合」出席~

田名部農林水産大臣政務官は、第10回アセアン及び日中韓農林大臣(AMAF+3)会合への出席のためカンボジア王国(プノンペン)に出張しました。

1.日程

10月24日(日曜日)

AMAF(※1)+3会合出席

フン・セン カンボジア首相表敬

チャン・トン・イヴ カンボジア農林水産省長官との会談

※1 AMAF:ASEAN Ministerial Meeting on Agriculture and Forestry

2.概要

(1)AMAF+3会合

(ア)我が国の農政改革の取組(戸別所得補償制度、農山漁村の6次産業化等)、地域の食料安全保障への貢献(ASEAN+3緊急米備蓄、ASEAN食料安全保障情報システム)

(イ)我が国で開催された、カルタヘナ議定書第5回締約国会合及びAPEC食料安全保障担当大臣会合の成果

 

緊急事態に対応し、人道的な目的を達成するための恒久的な制度としてのASEAN+3緊急米備蓄(APTERR)を正式なものとすることに合意。全てのASEAN+3諸国に対し、協定の早期署名を促すとともに、制度実施への支持を確認。

 

ASEAN食料安全保障情報システム(AFSIS ※3)及び食料安全保障とバイオエネルギー開発の包括的戦略の検討状況が報告され、食料農林業に関するASEAN+3協力戦略と日中韓の事業提案を承認。

 

 

(2) チャン・トン・イヴ カンボジア農林水産省長官との会談

 

※2 APTERR:ASEAN plus Three Emergency Rice Reserve

東アジア地域(ASEAN10カ国、日本、中国、韓国)における食料安全保障の強化と貧困の撲滅を目的とし、大規模災害等の緊急時に備える。

※3 AFSIS:ASEAN Food Security Information System

ASESN地域の食料安全保障の強化に資する観点から、域内各国の正確な農業統計情報を整備・集約して地域全体の食料安全保障状況を把握・提供し、APTERRや各国の政策立案に資する。

3.その他

(参考)

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課経済連携チーム
担当者:門脇、東田
代表:03-3502-8111(内線3472)
ダイヤルイン:03-3502-8087
FAX:03-5511-8773

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図