ホーム > 報道発表資料 > 「APEC食料安全保障・情報プラットフォームに関するワークショップ」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年2月10日

農林水産省

「APEC食料安全保障・情報プラットフォームに関するワークショップ」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、「APEC食料安全保障・情報プラットフォームに関するワークショップ」を2月25日(金曜日)に、みずほ情報総研 プレゼンテイションルームにおいて開催いたします。

会議は、第1部については非公開、第2部については公開とし、カメラ撮影は第1部冒頭のみとします。

概要

昨年10月に我が国が主催したアジア太平洋経済協力(APEC(※1))食料安全保障担当大臣会合で承認された「食料安全保障に関するAPEC行動計画」の着実な実施が重要です。我が国の行動計画の一つである情報プラットフォーム(※2)構築について、APECエコノミー(参加国・地域)の食料担当者による率直な意見交換を行うため、本ワークショップを開催します。

(※1)APEC:Asia-Pacific Economic Cooperation

(※2)「情報プラットフォーム」は、インターネットを利用した食料に関する情報(需給、在庫等)共有の仕組みです。 

 1 日時及び場所

平成23年2月25日(金曜日)

みずほ情報総研 株式会社 プレゼンテイションルーム
(東京都 千代田区 神田錦町2丁目3番地 安田シーケンスタワー5階) 

 2 議題

第1部

APECエコノミーの食料担当者による意見交換

第2部

有識者による講演

東京農業大学 教授 板垣 啓四郎 氏

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 所長 岩永 勝 氏 

使用する言語は英語です。

 3 傍聴申し込み・傍聴時の留意事項

第1部は非公開となりますので、傍聴は第2部のみとなります。

傍聴を希望される方は、FAXにて、下記内容を記入の上、お申し込みください。

(FAX 03-5281-5443:みずほ情報総研 社会経済コンサルティング部)

「APEC食料安全保障・情報プラットフォームに関する有識者講演」の傍聴を希望する旨

ご氏名(複数の方で参加をご希望の場合は全ての方のご氏名)

ご所属

ご連絡先(お電話番号、FAX番号)

2月23日(水曜日)17時00分

一般傍聴席は10席程度予定しております。傍聴希望者多数の場合は、先着順とし、途中で受付を閉め切らせて頂きますので、あらかじめご了承願います。

傍聴の可否につきましては、みずほ情報総研から、2月24日(木曜日)17時までに、ご連絡します。

通訳を同伴される方、車椅子を利用される方、盲導犬等の身体障害者補助犬をお連れの方は、事前にその旨をお知らせください。

傍聴される皆様への留意事項

傍聴に当たり、次の留意事項を遵守して下さい。

(1)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2)携帯電話、ポケットベル等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(4)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(5)その他、事務局職員の指示に従うこと。

報道機関の皆様へ

報道機関の取材には、事前登録が必要ですので、平成23年2月23日(水曜日)17時00分までに、FAXにて、「APEC食料安全保障・情報プラットフォームに関するワークショップ取材を希望する(冒頭カメラ撮影の有無)」旨、ご氏名、報道機関名、ご連絡先(お電話番号、FAX番号)をご連絡ください。

 

FAX送付先:(03-5281-5443:みずほ情報総研 社会経済コンサルティング部)

 

また、会議当日は受付で記者証をご提示いただきますので、ご了承ください。

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課経済連携チーム
担当者:鶴田、樽井、柿崎
代表:03-3502-8111(内線3473)
ダイヤルイン:03-3502-8560
FAX:03-5511-8773

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図