ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 岩本農林水産副大臣の海外出張について > 「第12回ASEAN+3農林大臣会合」の結果概要


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年9月28日

農林水産省

「第12回ASEAN+3農林大臣会合」の結果概要

岩本農林水産副大臣は、ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)に出張し、第12回ASEAN+3農林大臣会合に出席したほか、ラオスとの二国間会談を行いました。

1.日程、場所

日程:平成24年9月28日(金曜日)

場所:ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)

2.出席者

ASEAN諸国と日本、中国、韓国の農林大臣等

3.会合等の概要

(1)第12回ASEAN+3農林大臣会合

ASEAN+3緊急米備蓄(APTERR:アプター)につき、タイへのAPTERR事務局の設置を承認しました。また、ASEAN食料安全保障情報システム(AFSIS:アフシス)につき、新たな作業計画(2013年から2015年)を承認しました。

岩本農林水産副大臣からは、食料安全保障の確保・強化の必要性、APTERR及びAFSIS等農林水産業協力を通じ、ASEAN+3地域の連携強化への積極的な取組みを表明するとともに、日本産食品の輸入制限について、科学的根拠に基づく早期緩和・撤廃を要請しました。

(2)二国間会談

ヴィライワン・ラオス農林大臣と農林水産業協力について意見交換を行い、農林水産業協力の重要性について一致しました。

また、国際捕鯨委員会(IWC)での日本への支持に対し感謝を表明しました。

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課経済連携チーム
担当者:三嶋、東田、小原
代表:03-3502-8111(内線3472)
ダイヤルイン:03-3502-8087
FAX:03-5511-8773

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図