ホーム > 報道発表資料 > 平成20年度輸出ビジネスモデル実施者の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年4月11日

農林水産省

平成20年度輸出ビジネスモデル実施者の公表について

農林水産省では、平成20年度の輸出ビジネスモデル実施者として以下の3者を選定しました。

今後、それぞれの輸出ビジネスモデル実施者について、実施予定の模範的な取組を具体化するため、「輸出ビジネスモデル戦略」を策定することとなります。

なお、この「輸出ビジネスモデル戦略」策定に係る事業につきましては、別途、農林水産省の委託事業として受託者の公募を予定しています。

輸出ビジネスモデル実施者

1.FAJ輸出協議会(輸出コンソーシアム育成型による花きの輸出ビジネスモデル)

2.宮崎県森林組合連合会(輸出仕様産地育成型による木材の輸出ビジネスモデル)

3.全国さんま棒受網漁業協同組合(輸出相手国開拓型による水産物の輸出ビジネスモデル)

 参考資料

輸出ビジネスモデルについては、以下の説明資料をご参照下さい。

http://www.maff.go.jp/sogo_shokuryo/pdf/business_model.pdf

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課貿易関税チーム輸出促進室
担当者:輸出企画班 小山内、宮西
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-3502-3408
FAX:03-3502-0735

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図