ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 東日本大震災について~輸出食品等に対する放射性物質に関する検査に対応可能な機関について~


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年4月22日

農林水産省

東日本大震災について~輸出食品等に対する放射性物質に関する検査に対応可能な機関について~

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震以後、福島第一原子力発電所の事故を受けて、日本から輸出される食品等について放射性物質に関する検査等を要求する国が出てきています。国内における検査機器の台数に制約がありますので、輸出目的で放射能検査を受けることは引き続き難しい状況が続いていますが、一部の機関においては、輸出目的での利用も可能となってきています。
今後の検査機器の整備予定も含めまして、各機関の情報を取りまとめましたので、下記のとおり提供いたします。
なお、この情報はホームページ上で逐次更新、充実していく予定です。

掲載先アドレス
 http://www.maff.go.jp/e/export/houshanou.html

お問い合わせ先

お問い合わせ先
大臣官房国際部 貿易関税チーム 輸出促進室
担当者:甲谷、寺野
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-3502-3408
FAX:03-3502-0735

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図