ホーム > 報道発表資料 > 砂浜侵食海岸における堤防等に係る全国調査結果と緊急対策について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年4月3日

農林水産省

砂浜侵食海岸における堤防等に係る全国調査結果と緊急対策について

平成20年度に実施した砂浜侵食海岸における堤防等に係る全国調査結果がまとまりましたのでお知らせします。この結果をもとに、今後5年間を目途に重点的な対策を進めていくこととしましたのでお知らせします。

経緯

平成20年2月24日に高波災害が発生した下新川海岸をはじめ、近年、前面の砂浜が著しく侵食した海岸において、堤防基礎からの吸い出し等による堤防・護岸の陥没、倒壊等の災害が発生しています。前面の砂浜があるという前提で設計・施工された堤防等は、波浪が直接堤防に来襲することを想定しておらず、放置しておくと倒壊等のおそれがあります。また、気候変化に伴う海面水位の上昇や台風の激化などにより、倒壊の危険性や被害のポテンシャルが増大します。このため、堤防の設置後に前面の砂浜が著しく侵食され、倒壊等のおそれがある海岸堤防・護岸について、全国的な調査を実施しました。

今回の調査結果を踏まえ、今後5年間を目途に、緊急的な対応が必要と考えられる箇所について重点的な対策を進めていきます。

 1.結果概要

(1)砂浜や堤防等の調査対象

(2)調査結果 

1)前面の砂浜が著しく侵食された海岸において堤脚下端の露出高が大きい箇所

2)同様の海岸において、堤防等の前面の砂浜幅が20m以下の箇所

(*代表断面と同様の現象が生じている箇所の延長)

(3)堤防の倒壊等のおそれが高いと考えられる海岸の抽出

2.緊急対策の推進 

これらの海岸について、今後5年間を目途に、海岸管理者により、堤防基礎の根継ぎ、地盤改良など緊急的に必要な対策を進めていきます。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産省農村振興局防災課  課長補佐  久保  弘
(03)3502-8111(内線5511)  (03)6744-2199(直通)
水産庁漁港漁場整備部防災漁村課  課長補佐  黒澤  馨
(03)3502-8111(内線6903)  (03)3502-5304(直通)

(とりまとめ担当)
国土交通省河川局海岸室  課長補佐  高橋  裕輔
(03)5253-8111(内線36332)  (03)5253-8471(直通)
国土交通省港湾局海岸・防災課  課長補佐  宮津  智文
(03)5253-8111(内線46714)  (03)5253-8688(直通)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図