ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「海岸保全施設維持管理マニュアル~堤防・護岸・胸壁の点検・評価及び長寿命化計画の立案~」の取りまとめについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年4月1日

農林水産省

「海岸保全施設維持管理マニュアル~堤防・護岸・胸壁の点検・評価及び長寿命化計画の立案~」の取りまとめについて

農林水産省及び国土交通省は、「海岸保全施設維持管理マニュアル~堤防・護岸・胸壁の点検・評価及び長寿命化計画の立案~」を取りまとめました。

1.概要

海岸保全施設は、戦後、伊勢湾台風(昭和34年)等による大規模な高潮被害等を契機として整備された施設が多く、現在完成後50年を経過した施設が約4割であるのに対して、2030年には約7割となり、老朽化が急速に進むこととなっています。このため、海岸保全施設の適切な維持管理の推進に係る検討が必要となっております。

以上を踏まえ、農林水産省及び国土交通省は、平成25年8月より学識経験者等からなる「海岸保全施設維持管理マニュアル改訂調査委員会」を設置し、点検方法の改善や長寿命化計画の策定に係る検討を行い、「ライフサイクルマネジメントのための海岸保全施設維持管理マニュアル」(平成20年2月、農林水産省・国土交通省)を改訂し、「海岸保全施設維持管理マニュアル~堤防・護岸・胸壁の点検・評価及び長寿命化計画の立案~」として取りまとめました。

本マニュアルが、海岸保全施設の維持管理の参考として活用され、一層適切な維持管理が推進されることを期待します。

なお、本マニュアルは、以下のURLで御覧いただけます。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/kaigan/ijikanri_manual_iinkai/index.html

2.取りまとめのポイント

本マニュアルは、海岸保全施設において、予防保全型の効率的・効果的な維持管理を推進するため、巡視(パトロール)を含む点検及び評価の標準的な要領を示すとともに、長寿命化計画の立案や対策工法、点検データ等の記録・保存について示し、海岸管理者による適切な維持管理に資することを目的としており、事前調査による重点点検箇所の抽出、巡視(パトロール)の導入等点検の効率化、長寿命化計画の策定方法の具体化等に係る検討を行い、改訂を行っています。

お問い合わせ先

農村振興局整備部防災課
担当者:海岸・防災計画班 渡邊、加藤
代表:03-3502-8111(内線5511)
ダイヤルイン:03-6744-2199
FAX:03-3592-1987

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図