ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「高潮浸水想定区域図作成の手引き」の取りまとめについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年7月21日

農林水産省
国土交通省

「高潮浸水想定区域図作成の手引き」の取りまとめについて

農林水産省及び国土交通省は、最悪の事態を視野に入れた最大規模の高潮に関する浸水想定の策定のため、想定し得る最大規模の高潮の設定方法、堤防等の決壊条件等を「高潮浸水想定区域図作成の手引き」として取りまとめました。

1.概要

今年5月に水防法(昭和24年法律第193号)が改正され、都道府県が相当な被害が想定される海岸において、最大規模の高潮が発生した場合の浸水想定区域を指定し、それに基づいて市町村が地域防災計画やハザードマップを作成・活用することが義務付けられました。

これにより、都道府県が高潮浸水想定区域図を作成する際の技術的な支援として、「高潮浸水想定区域図作成の手引き」(以下「手引き」という。)を取りまとめました。

手引きに基づき、最悪の事態を考慮した想定最大規模の高潮に対する浸水想定区域が示されることにより、高潮災害に対する円滑かつ迅速な避難等のための水防体制が強化され、住民等の高潮に対する危機意識の向上に寄与することが期待されます。

手引きを取りまとめるに当たっては、農林水産省及び国土交通省が設置した「高潮水防の強化に関する技術検討委員会」において、想定し得る最大規模の高潮の設定方法、堤防等の決壊条件等の技術的な事項について検討を行ってきたところです。

 

高潮水防の強化に関する技術検討委員会の詳細は下記のウェブサイトを御覧ください。

http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/saidai_takashio/index.html (外部リンク)

 2. 「手引き」の主なポイント

1.例えば東京湾では、室戸台風級(911hPa)の台風が、伊勢湾台風級の移動速度(毎時73km)で、湾内に最悪の被害をもたらすコースを通って接近する条件を想定。

2.高潮時の洪水の流下を考慮し、海岸線だけでなく河川においても高潮の影響を受けて水位が高くなっている状況での氾濫を想定。

3.堤防等が設計条件に達した段階で決壊することを基本とするなど、「最悪の事態」を想定。

 

お問い合わせ先

農村振興局整備部防災課
担当者:海岸・防災計画班 渡邊、宮本
代表:03-3502-8111(内線5511)
ダイヤルイン:03-6744-2199
FAX:03-3592-1987

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図