ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「水門・陸閘等の安全かつ適切な管理運用の促進に関する検討委員会」(第2回)の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年3月10日

農林水産省
国土交通省

「水門・陸閘等の安全かつ適切な管理運用の促進に関する検討委員会」(第2回)の開催及び一般傍聴について

農林水産省及び国土交通省は、平成28年3月14日(月曜日)に、中央合同庁舎2号館1階 共用会議室3Bにおいて「水門・陸閘等の安全かつ適切な管理運用の促進に関する検討委員会」(第2回)を開催します。

本会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

東日本大震災において、水門・陸閘(注)等の操作に従事した多くの方が犠牲となったこと等を踏まえ、海岸関係省庁(農林水産省及び国土交通省)では、有識者委員会において「現場操作員の安全最優先の操作・退避ルールの明確化」及び「管理委託のあり方」を検討し、平成27年4月に「津波・高潮対策における水門・陸閘等管理システムガイドライン」を改訂しました。さらに、同委員会より、操作等委託契約の円滑な締結の推進と現場操作員まで確実に操作・退避ルールを浸透させることが課題とされたことから、引き続き検討を行っています。

第2回委員会では、水門・陸閘等の操作等委託契約標準案のとりまとめを行うとともに、現場操作員まで確実に操作・退避ルールを浸透させるための今後の取組等について検討を行います。

会議資料及び議事概要は、後日国土交通省のホームページにて公開いたします。

(注)陸閘(りっこう):堤防、護岸又は胸壁の前面の漁港、港湾、海浜等を利用するために、車両及び人の通行のために設けた海岸保全施設

2.開催日時及び場所

日時:平成28年3月14日(月曜日) 13時00分~15時00分

会場:中央合同庁舎2号館 1階 共用会議室3B

所在地:東京都 千代田区 霞が関2-1-2

3.議題

1.水門・陸閘等の安全かつ適切な管理運用に向けた今後の取組について

2.操作等委託契約標準案(案)について

3.水門・陸閘等管理システムガイドラインの修正(案)等について

4.傍聴可能人数

 10名程度を予定しております。

 

5.傍聴申込要領

(1)申込方法

以下のお申込先へ、御氏名、御連絡先(電話番号、FAX番号)、勤務先・所属団体名等を電話にて御連絡ください。

<お申込先>

農村振興局 整備部 防災課 海岸・防災計画班

電話番号:03-6744-2199

車椅子の方、盲導犬、聴導犬又は介助犬をお連れの方、手話通訳等を希望される方は、その旨御連絡ください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方の氏名も併せて御連絡ください。

(2)申込締切

平成28年3月11日(金曜日)17時00分です。

傍聴希望多数の場合は、途中で受付を締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承願います。

(3)傍聴する場合の留意事項

傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないでください。

(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴してください。

(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎んでください。

・委員及び意見公述人の発言に対する賛否の表明又は拍手

・傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)

・報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、テープレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用

・新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書

・飲食及び喫煙

(エ)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないでください。

(オ)その他、事務局職員の指示に従ってください。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、上記の「傍聴申込要領」に従いお申し込みください。その場合、報道関係者である旨を必ず御連絡ください。

また、当日は受付で記者証等の身分証明書を提示いただきますので、あらかじめ御承知願います。


お問い合わせ先

農村振興局整備部防災課
担当者:海岸・防災計画班 渡邊、宮本
代表:03-3502-8111(内線5511)
ダイヤルイン:03-6744-2199
FAX:03-3592-0304

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図