ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 静岡県掛川地域、熊本県阿蘇地域及び大分県国東地域の世界農業遺産(GIAHS)認定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年5月29日

農林水産省

静岡県掛川地域、熊本県阿蘇地域及び大分県国東地域の世界農業遺産(GIAHS)認定について

平成25年5月30日(木曜日)に開催する世界農業遺産(GIAHS)の認定式において静岡県の掛川地域、熊本県の阿蘇地域及び大分県の国東地域が認定されます。

1.概要

世界農業遺産(GIAHS:ジアス)は、国連食糧農業機関(FAO)が平成14年から開始したプロジェクトで、次世代へ継承すべき持続的な農業システムを認定するものです。

日本では、平成23年に新潟県佐渡地域及び石川県能登地域が認定されており、平成25年5月29日(水曜日)から石川県七尾市で開催されている「世界農業遺産国際会議」において、新たに静岡県掛川地域、熊本県阿蘇地域及び大分県国東地域の取組が世界農業遺産(GIAHS)に認定されることが決定しました。

なお、認定式は、平成25年5月30日(木曜日)に開催されます。

※GIAHSは、Globally Important Agricultural Heritage Systemsの略です。 

2.認定式の日時及び場所

 日時:平成25年5月30日(木曜日)12時00分~12時30分

会場:ホテルあえの風

所在地:石川県 七尾市 和倉町 和歌崎8番1号

3.認定を受けた各地域の取組

(1) 静岡県掛川地域

茶生産の過程で、ススキなどの草(茶草)を茶園の敷料として用いる農法により半自然草地を維持し、農業生産と生物多様性を保全する取組。

(2) 熊本県阿蘇地域

世界最大級のカルデラ周辺に広がる草原を利用した放牧、採草、野焼きによって二次的自然を維持し、生物多様性、農村景観を保全する取組。

(3)大分県国東地域

降雨が少ない環境下で、小規模なため池群を張り巡らせ、効果的な土地・水利用を江戸時代から実践し、日本一の乾しいたけ産地の形成や国内唯一の「シチトウイ」生産を行う取組。

4.報道関係者の皆様へ

本認定に関する御質問及び取材については、以下の各地窓口までお問合せください。

(1) 静岡県掛川地域

「静岡の茶草場」世界農業遺産推進協議会

(事務局:掛川市役所環境経済部農林課  電話:0537-21-1147)

URL: http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/kakegawatya/PR/tyagusaba.html

 

(2) 熊本県阿蘇地域

阿蘇地域世界農業遺産推進協議会

(事務局:熊本県農林水産部農林水産政策課  電話:096-333-2364)

URL:http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/67/aso-giahs.html

 

(3) 大分県国東地域

国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会

(事務局:大分県農林水産部農村整備計画課  電話:097-506-3713)

URL:http://www.pref.oita.jp/site/sekaiisangaiyou/

 

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村環境課
担当者:縄田、柴田、鈴木
代表:03-3502-8111(内線5491)
ダイヤルイン:03-6744-2196
FAX:03-3502-7587

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図