ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「平成27年度 第1回 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年8月11日

農林水産省

「平成27年度 第1回 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議」の開催について

 

農林水産省は、世界農業遺産(GIAHS)認定地域における活動状況等のモニタリング及び助言の実施を目的に、「平成27年度 第1回 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議」を平成27年8月18日(火曜日)から8月19日(水曜日)まで、大分県国東半島宇佐地域で開催します。

なお、本会議は現地調査を除き公開です。

 

1.概要

GIAHS※1は、伝統的な農業・農法を核として、生物多様性、優れた景観等が一体となって保全・活用される世界的に重要な農業システムを、国連食糧農業機関(FAO)が認定するものです。

GIAHSに認定された地域は、申請時に提出した活用・保全計画(アクションプラン)※2を踏まえ、農業システムを次世代に継承していくために地域で取り組む活動や保全のための措置等を講じていくことが期待されています。

このため、農林水産省は、平成26年3月に設置した世界農業遺産(GIAHS)専門家会議において、GIAHS認定地域における活動状況等のモニタリング及びその結果に基づく助言等を実施します。

なお、今回の活動状況等のモニタリング及び助言等については、平成25年5月に認定された大分県国東半島宇佐地域にて実施します。

本会議の結果概要等については、会議開催後、次のURLでホームページにて公開します。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs1.html

 

※1 GIAHS(ジアス)とは、Globally Important Agricultural Heritage Systemsの略。

※2 活用・保全計画(アクションプラン)とは、農業システムや生物多様性、優れた景観等を次世代に継承していくために、地域で取り組む活動や保全のための措置等に関する行動計画であり、協議会等が策定するもの。

2.開催日時及び場所

1日目:平成27年8月18日(火曜日)14時00分から17時30分

(1)取組状況報告:14時00分から15時00分

会場:くにさき総合文化センター(アストくにさき)

所在地:大分県 国東市 国東町 鶴川160-2

(2)現地調査

世界農業遺産旭日プロジェクト(国東市):15時20分から16時20分

田染荘(豊後高田市):17時05分から17時30分

2日目:平成27年8月19日(水曜日)9時00分から15時00分

(1)現地調査

七島藺学舎(国東市):9時00分から10時20分

ヤクルトヘルスフーズ株式会社(豊後高田市):10時55分から11時25分

生活工房とうがらし(宇佐市):12時00分から13時30分

(2)総括討論:13時45分から15時00分

会場:宇佐文化会館・ウサノピア

所在地:大分県 宇佐市 大字法鏡寺224番地

※2日目の日程については、変更になる場合があります。

3.傍聴可能人数

一般の方は、1日目の取組状況報告及び2日目の総括討論のみ傍聴可能です。

傍聴可能人数は、いずれも30名程度を予定しています。

4.傍聴申込要領

※傍聴申込の受付は終了しました。 

(1)申込方法

インターネット又はFAXにて、「平成27年 第1回 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議」の「取組状況報告」又は「総括討論」の傍聴を希望する旨、御氏名(ふりがな)、御連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレス)、勤務先所属団体名を明記の上、以下のお申込先にお申し込みください。(電話でのお申込みは御遠慮願います。)

 ※複数名お申込の場合は、お一人ずつの記載事項をお書きください。

 

<インターネットによるお申込先>

 https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/7e53.html

 

<FAXによるお申込先>

FAX送付先:農林水産省 農村振興局 農村環境課 宛て

FAX番号:03-3502-7587

 

(2)申込締切

平成27年8月13日(木曜日)17時00分必着です。

 

(3)抽選の実施

希望者多数の場合は抽選を行います。

傍聴の可否は8月14日(金曜日)までに当方から御連絡いたします。

 

(4)傍聴する場合の留意事項

傍聴される方は、入館時に受付で身分証明書を御提示いただきます。

傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(イ)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(エ)銃砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。

(オ)その他、事務局職員の指示に従うこと。

5.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、報道関係者であることを明記の上、上記「傍聴申込要領」と同様、事前にお申込みください。現地調査の取材も可能ですので、希望される場合は、取材を希望する現地名(世界農業遺産旭日プロジェクト・田染荘・七島藺学舎・ヤクルトヘルスフーズ株式会社・生活工房とうがらし)を御記入ください。
また、当日は受付にて記者証等の身分証を提示していただきますのであらかじめ御承知願います。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図