ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「世界農業遺産(GIAHS)新規地域認定記念シンポジウム」の開催及び参加者の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年12月16日

農林水産省

「世界農業遺産(GIAHS)新規地域認定記念シンポジウム」の開催及び参加者の募集について

 

農林水産省は、平成28年1月21日(木曜日)、農林水産省本館7階講堂において、「世界農業遺産(GIAHS)新規地域認定記念シンポジウム」を開催します。

本シンポジウムは公開です。カメラ撮影も可能です。

 

1.概要

世界農業遺産(GIAHS※)は、次世代に受け継がれるべき伝統的な農業と、それに関わって育まれた文化、景観、生物多様性などが一体となった世界的に重要な農業システムを国連食糧農業機関(FAO)が認定し、保全と持続的な活用を推進するものです。

平成27年12月15日(火曜日)に、岐阜県長良川上中流域、和歌山県みなべ・田辺地域及び宮崎県高千穂郷・椎葉山地域が新たに世界農業遺産に認定されました。3地域の新規認定を記念し、下記のとおりシンポジウムを開催します。有識者による講演や各県知事(予定)による地域紹介のほか、認定地域、企業、行政の各分野からパネリストを招き、「世界農業遺産を活用した地方創生」をテーマに議論を深めていきます。また、開会前(12時00分~13時00分)には世界農業遺産認定地域の特産品紹介や舞台上演等のサイドイベントを実施します。

※GIAHS(ジアス)とは、Globally Important Agricultural Heritage Systemsの略。

2.開催日時及び場所

日時:平成28年1月21日(木曜日)13時30分~16時30分

会場:農林水産省 本館7階 講堂

所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1

3.プログラム

1.開会

2.祝辞:国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ

3.基調講演:国連大学上級副学長 武内 和彦

4.各県知事(予定)による新規認定地域紹介

5.来賓講演:農政ジャーナリストの会会長 石井 勇人(予定)

6.パネルディスカッション

   テーマ:世界農業遺産を活用した地方創生

   コーディネーター

      国連大学上級副学長 武内 和彦

   パネリスト(予定)

      岐阜県知事 古田 肇

      和歌山県知事 仁坂 吉伸

      宮崎県知事 河野 俊嗣

      株式会社コンタン代表取締役社長(日本百貨店代表) 鈴木 正晴

      観光まちづくりカウンセラー(元じゃらんガイドブック編集長) 今村 まゆみ

      農林水産省農村振興局農村環境課長 森澤 敏哉

7.閉会

4.参加可能人数

150名程度

5.参加申込要領

(1)申込方法

傍聴は先着順の事前申込制です。傍聴を希望される方は、インターネット又はFAXにて、以下のお申込先に、「世界農業遺産新規地域認定記念シンポジウム」の傍聴を希望する旨、御氏名(ふりがな)、御連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレス)、勤務先・所属団体等の名称を記入の上、お申込みください。なお、複数名お申し込みの場合は、お一人ずつ記載事項を御記入ください。(電話でのお申込みは御遠慮ください。)

ア.インターネットによるお申込先

URL:https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/c3d1.html

イ.FAXによるお申込先

FAX送付先:農林水産省 農村振興局 農村環境課宛て

FAX番号:03-3502-7587

(2)申込締切

平成28年1月18日(月曜日)17時00分必着です。ただし、定員に達し次第締め切ります。

(3)傍聴する場合の留意事項

入館時に受付で身分証明書を御提示いただきます。

また、シンポジウムの傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

ア.事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

イ.携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

ウ.傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を厳に慎むこと。

エ.銃砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。

オ.その他、事務局職員の指示に従うこと。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、一般傍聴とは別に席を御用意しますが、資料準備等の関係から、インターネット又はFAXにより、上記の「申込要領」に従い、取材を希望する旨を記載し、お申込みください。その際、報道関係者である旨を必ず明記してください。

なお、傍聴希望者多数により、御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになります。その際は御容赦ください。

また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示していただきますので、あらかじめ御承知願います。

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村環境課農村環境対策室
担当者:生物多様性保全班 森田、兼田
代表:03-3502-8111(内線5490)
ダイヤルイン:03-3502-6091
FAX:03-3502-7587

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図