このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

宮城県大崎地域の世界農業遺産認定について

  • 印刷
平成29年12月12日
農林水産省

宮城県大崎地域が、今般世界農業遺産として国連食糧農業機関(FAO)に認定されました。

1.概要

農林水産省は本年3月、宮城県大崎地域、静岡県わさび栽培地域、徳島県にし阿波地域の3地域に対し、世界農業遺産への認定申請に係る承認を行いました。これら3地域については、国連食糧農業機関(FAO)において審査が行われていたところですが、今般、宮城県大崎地域が世界農業遺産に認定され、FAOより公表されました(注)

なお、静岡県わさび栽培地域及び徳島県にし阿波地域については、引き続きFAOにおいて審査が行われているところです。

(注) FAOによる公表の詳細は、以下のURLを御参照ください。(英語のページになります。)
http://www.fao.org/giahs/news/news-in-2017/en/

2.地域の概要

宮城県大崎地域

伝統的な稲作地帯である大崎地域では、「やませ」による冷害や地形的要因による洪水、渇水に対処するため、取水堰や隧道・潜穴、水路、ため池などの水利施設が築かれるとともに、地縁組織である「契約講」を基盤とする水利組織によって、巧みな水管理が行われてきました。また、水田や水路、水田の中に浮かぶ森のような屋敷林「居久根(いぐね)」のつながりは、多様な動植物が存在する豊かな湿地生態系を育み、独特のランドスケープを形成しています。

3.報道関係者の皆様へ

本認定に関する御質問及び取材については、以下の地域窓口にお問合せください。

大崎地域世界農業遺産推進協議会
事務局:宮城県大崎市産業経済部産業政策課世界農業遺産推進室  担当  高橋
電話:(0229)23-2281   FAX:(0229)23-7578

4.参考

平成29年3月14日付けプレスリリース  「世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域の決定について」
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kantai/170314.html

<添付資料>
参考資料  世界農業遺産とは(PDF : 1,116KB)

お問合せ先

農村振興局農村政策部農村環境課農村環境対策室

担当者:高松、國井
代表:03-3502-8111(内線5490)
ダイヤルイン:03-3502-6091
FAX番号:03-6744-0237

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader