ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「食と地域の『絆』づくり」の優良事例選定に係る公募について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年11月2日

農林水産省

「食と地域の『絆』づくり」の優良事例選定に係る公募について

 農林水産省は、「食と地域の『絆』づくり」の先駆的優良事例を全国に発信するため、その対象となる事例の公募を行います。

 東日本大震災や豪雨等からの復興の取組や、女性の視点・アイデアによる地域活性化の取組など、たくさんの応募をお待ちしております。

趣旨

 

 募集内容

1.選定事例数

応募の中から20事例程度を「食と地域の『絆』づくり」の優良事例として選定します。

2.募集期間

平成23年11月2日(水曜日)から12月7日(水曜日)

3.応募方法

別紙2の記入要領をご覧の上、別紙1の応募用紙に記入し、郵送またはファックスにて、「4.応募先」の提出先まで送付してください。

4.応募先

別紙3の応募書類の提出先一覧をご覧ください。

5.応募資格

地域資源を活用しつつ、地域内外の結び付きにより、地域活性化に取り組んでいる団体又は個人とします。

6.選定方法

応募資料をもとに、有識者で構成される選定委員会による審査をした上で選定します。

7.選定基準

(1)から(3)の視点のいずれかにおいて、他地域の参考となるような優れた地域活性化の取組を実施していること。

(1)食を通じた交流、美しい環境の保全、6次産業化など、農山漁村に存する有形・無形の地域資源を有効に活用した先進的な取組であること。

(2)住民やNPO等多様な主体が連携・協力して地域の課題の解決に取り組むことにより、地域内外のつながりを再生・強化しつつ取組の効果を上げていること。

(3)その他地域独自の創意工夫に富む取組であって、地域経済の活性化、雇用の創出、農山漁村のコミュニティの維持・発展への貢献が顕著であること。

8.選定結果及び選定証の交付

選定結果については、農林水産省のホームページで公表します。なお、選定証は、後日、都内で開催される選定証授与式において交付する予定です。

9.その他

応募用紙及び記入要領等は次のURLでご覧になれます。

  

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課
担当者:活性化推進班 松本、布施
代表:03-3502-8111(内線5451)
ダイヤルイン:03-3502-5946
FAX:03-3595-6340

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図