ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「農林水産業と観光との連携」をテーマとしたポスター展の作品公募について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年4月20日

農林水産省
観光庁

「農林水産業と観光との連携」をテーマとしたポスター展の作品公募について

農林水産省と観光庁は、一般社団法人二科会デザイン部が主催の「農林水産業と観光との連携」をテーマとしたポスター展の後援をしております。

今般、一般社団法人二科会デザイン部が、同テーマに係る作品を平成27年4月20日から7月23日までの間、公募いたしますので公表いたします。

なお、本件は、観光庁においても、同時に発表しております。

1.公募の趣旨

農林水産省と観光庁は、農山漁村の魅力と観光需要を結びつける取組を推進し、農山漁村の活性化と観光立国の実現を図るため、平成26年1月に「農観連携の推進協定」を締結し、地域の農林水産物・食品等を活用した観光地域の魅力の向上、農林漁業体験や農家民宿への宿泊等のグリーン・ツーリズムによる新たな観光需要の開拓等の施策を検討しているところです。

農林水産省と観光庁は、この「農観連携」の取組を一般社団法人二科会デザイン部が主催するポスター展を通じてより多くの方に知っていただき、更に推進するため、共同で同展を後援し、農林水産大臣賞、観光庁長官賞を設けることにしています。 

この度、第100回記念二科展デザイン部の特別テーマ「農林水産業と観光との連携」の作品公募が開始されましたので公表します。

2.公募の内容、応募方法

応募される方は、以下の4つのテーマから選んで作品を作っていただき、一般社団法人二科会デザイン部に提出していただきます。

(1)食と観光との連携により、地域食材の魅力を発信する取組に関すること
  →  「日本の食でおもてなし」

(2)グリーン・ツーリズムに関すること
  →  「ようこそ!農村へ」

(3)地方が持つ魅力(宝)を原石として「発掘」し、それを磨きあげる取組に
関すること
  →  「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」

(4)訪日外国人旅行客が日本の食や農山漁村を満喫すること
  →  「尽きることのない感動に出会える国、日本.」 

なお、応募方法などについては、一般社団法人二科会デザイン部の以下のホームページに掲載されていますのでそちらを御覧ください。

http://www.nika-design.or.jp/design/index.html

3.公募期間

平成27 年4 月20日~平成27 年7 月23 日 

4.今後の予定

本年8月頃受賞作品が決定され、同年9月以降、国立新美術館のほか、名古屋、大阪、京都、広島、福岡、鹿児島で巡回展を実施予定です。

5.その他

平成26 年1 月17 日付けプレスリリース農林水産省と観光庁の「農観連携の推進協定」について
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/140117_3.html 


お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課
担当者:グリーン・ツーリズム班 志田、古賀
代表:03-3502-8111(内線5447)
ダイヤルイン:03-3502-0030
FAX:03-3595-6340

観光庁観光地域振興部観光地域振興課
担当者:伊藤、村岡
代表:03-5253-8111(内線27-705)
ダイヤルイン:03-5253-8328
FAX:03-5253-8930

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図