このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)の選定結果について

  • 印刷
平成28年10月17日
農林水産省
内 閣 官 房
内閣官房及び農林水産省は、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)として、30地区の農山漁村活性化の優良事例を選定しました。
また、昨年と同様にグランプリと特別賞を選定します。

1.趣旨

内閣官房及び農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を選定し、全国へ発信することとしています。

2.公募結果

平成28年6月14日から8月15日まで、農山漁村活性化の優良事例の公募を行ったところ、769地区から御応募をいただきました。

3.選定結果

平成28年10月17日に、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、次の30地区を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)として選定しました。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html

NO. 都道府県 市町村 地区名 活動のキャッチフレーズ
1 北海道 別海町 株式会社 べつかい乳業興社 「ミルク王国べつかい」の味をお届けします 
2 北海道 芽室町 株式会社 九神ファームめむろ   誰でもが、当たり前に働いて生きていく町
3 北海道 鶴居村 特定非営利活動法人 美しい村・鶴居村観光協会  2600人の小さな村で暮らす旅はいかがでしょうか 
4 青森県 弘前市 在来津軽「清水森ナンバ」ブランド確立研究会  「清水森ナンバ」で体も地域も温まる 
5 秋田県 仙北市 仙北市農山村体験推進協議会  仙北市グリーンツーリズム~農村でみんな笑顔に~ 
6 山形県 川西町 東沢地区協働のまちづくり推進会議  自信あります東沢・食と自然と・あたたかさ 
7 群馬県 渋川市 農業生産法人 株式会社 赤城深山ファーム  そば屋のニーズから生まれた赤城深山そばを全国に発信! 
8 神奈川県  伊勢原市 株式会社 めぐり  新・都市型耕畜連携~起業→信頼→笑顔がめぐる~ 
9 長野県 飯山市 一般社団法人 信州いいやま観光局  グリーン・ツーリズムを核とした日本版DMOのトップランナー 
10 新潟県 十日町市 大地の芸術祭実行委員会 大地の芸術祭の里 
11 新潟県 糸魚川市 シーフードカンパニー能水商店  高校生水産会社で6次産業化にチャレンジ 
12 富山県 魚津市 魚津漁業協同組合  魚津海業物語「おいしいお魚、まちおこし」 
13 福井県 越前市 ロハス越前  日本一の伝統の技の宝庫を海外に発信 
14 岐阜県 恵那市 奥矢作移住定住促進協議会  めざそう空き家「ゼロ」の農山漁村 
15 愛知県 豊根村 茶臼の里合同会社  じじばばの耕作放棄地解消と都市との交流 
16 三重県 鳥羽市 鳥羽マルシェ有限責任事業組合  きらり輝く鳥羽で「食」のしあわせづくり 
17 兵庫県 養父市 畑特産物生産出荷組合  集落ビジネスによる地域活性化~朝倉山椒を海外へ~ 
18 奈良県 山添村 山添村波多野地区活性化協議会「かすががーでん」 農業体験で茶畑を再生「世界一の紅茶・紅誉復活」
19 和歌山県 有田川町 株式会社 ふみこ農園 農山漁村の活性化の源となるキッチンの設立
20 和歌山県 紀の川市 紀の里農業協同組合 農業体験で、都市と農村、人と人をつなぐ
21 岡山県 美作市 特定非営利活動法人 英田上山棚田団  住んで良し、来て楽しい、新しい村づくり 
22 広島県 安芸太田町 津浪振興会  農村の原風景が保存され誇りの持てる「安らぎの里つなみ」づくり 
23 山口県 山口市 山口とくぢ和紙振興会 結の香  山口とくぢ和紙を世界へ発信! 
24 徳島県 那賀町 木頭ゆずクラスター協議会  6次産業化を核とした「木頭ゆず」産地の活性化 
25 高知県 南国市 CLT建築推進協議会  新たな木材需要の拡大に向けたCLTの推進 
26 高知県 越知町 株式会社 岡林農園  柑橘の6次産業化による放棄地の再生と雇用創出 
27 福岡県 久留米市 城島町土地改良区  蘇る酒どころ城島、豊かな環境を次世代へ繋ぐ城島! 
28 大分県 宇佐市 NPO法人 安心院町グリーンツーリズム研究会  グリーンツーリズム発祥の地「安心院町」 
29 宮崎県 高千穂町 高千穂ムラたび協議会  限界集落が挑戦する 未来のムラづくり 
30 沖縄県 伊江村 有限会社 タマレンタ企画  小さな「シマ」から日本一の島を目指して! 

4.グランプリ及び特別賞の選定について

  1. グランプリは、全国9ブロックから構成される上記3.の30地区について、各ブロックで最も評価の高かった地区から1地区を選定する予定です。
  2. 特別賞は、上記3.の30地区からグランプリを除いた29地区を対象として、
    (1)斬新な発想に基づき6次産業化の推進等に取り組んでいる優良事例を「プロデュース賞」
    (2)外国人旅行者等を農山漁村に取り込む交流促進(農泊)に取り組んでいる優良事例を「フレンドシップ賞」
    (3)農林水産物やその加工品の輸出に取り組んでいる優良事例を「チャレンジ賞」
    (4)女性や高齢者、障害者の活躍がその活動の大きな原動力となっている優良事例を「アクティブ賞」
    の4賞を各1地区選定する予定です。

5.選定地区による即売会(マルシェ)の開催について

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の紹介や選定地区の知名度向上に資するため、12月上旬に東京都内で選定地区による即売会(マルシェ)を開催します。

6.今後の予定

11月下旬頃、首相官邸において第3回有識者懇談会を開催し、グランプリ及び特別賞を決定・発表した後、選定証授与式及び交流会を開催します。

7.参考

平成28年6月14日付けプレスリリース「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)に係る優良事例の募集について~見つけよう!今、元気なムラの取組~
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/160614.html

平成28年10月14日付けプレスリリース「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)第2回有識者懇談会の開催についてhttp://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/161014.html

<添付資料>
・ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第3回選定)選定地区一覧(PDF : 380KB)
・ディスカバー農山漁村(むら)の宝(第3回選定)選定地区概要(PDF : 4,359KB)

(分割版1)(PDF : 1,486KB) (分割版2)(PDF : 1,644KB) (分割版3)(PDF : 1,900KB)

お問合せ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課

担当者:活性化推進班 富岡、山口
代表:03-3502-8111(内線5451)
ダイヤルイン:03-3502-5946
FAX番号:03-3595-6340

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader