このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定)に係る優良事例の募集について ~見つけよう!今、元気なムラの取組~

  • 印刷
平成29年6月15日
農林水産省
内 閣 官 房
内閣官房と農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定)の優良事例を本日から募集します。

1.趣旨

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化や所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国へ発信するものです。
このため、他の地域の参考となるような優れた地域活性化の取組を募集します。
なお、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」については、以下のURLで御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html

2.募集内容及び条件

1.募集する取組

農山漁村の持つ豊かな自然や食、産物など、埋もれていた資源の活用を行うことにより、都市と農村の交流、6次産業化、移住・定住の推進など農林水産業や地域の活力創造に繋がる取組について幅広く募集します。
詳細は添付資料を御覧ください。

2.応募資格

1.に該当する取組を行っている団体とします。自薦・他薦は問いません。
前回に引き続き、他薦による募集も行います。農山漁村でユニークな取組を行っている団体や、旅行や体験活動で魅力的に感じた地域の活動等を御推薦ください。
なお、これまでに「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定されている団体は、御応募いただけませんので御了承ください。

3.応募期間

(自薦による場合)
平成29年6月15日(木曜日)から平成29年8月21日(月曜日)まで
(他薦による場合)
平成29年6月15日(木曜日)から平成29年8月7日(月曜日)まで

4.優良事例の選定

応募の中から20事例程度を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例として選定します。
また、選定した優良事例の中から、グランプリ1事例及び特別賞3事例程度(農泊、ジビエ、輸出、女性・高齢者・障害者の活躍、6次産業化等に沿った取組)を選定します。
優良事例に選定されると、選定証が授与され、農林水産省ホームページで活動が紹介されるほか、各種メディア媒体への紹介記事掲載や、様々なイベントへの出展支援等を通じて、全国的な情報発信の後押しが受けられます。

5.選定方法

応募資料をもとに、外部有識者で構成される有識者懇談会により、以下の選定の視点に基づき審査を行い、選定します。
【選定の視点】
次の(1)から(3)までの視点において、他の地域の参考となるような優れた地域活性化の取組を実施していること。
(1)農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより、地域の活性化や農林漁業者の所得向上に取り組んでいること。
(2)消費者の視点を大切に、経営マインドを持っていること。
(3)農業・農山漁村の自立を促進していること。

6.選定結果及び選定証の交付

選定結果については、10月頃に農林水産省のホームページで公表します。なお、選定証は、後日、都内で開催される選定証授与式において交付する予定です。

3.応募方法

御応募に際しては、応募用紙をダウンロードのうえ、添付資料「応募の御案内」に記載のある提出先へ御郵送ください(当日消印有効)。
その他、応募方法の詳細につきましても、添付資料「「ディスカバー農山漁村の宝」(第4回選定)応募要領」を御覧ください。

4.その他

(参考)
平成29年6月13日付けプレスリリース「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定)有識者懇談会の開催について
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/170613.html

〈添付資料〉
・「ディスカバー農山漁村の宝」(第4回選定)応募要領(PDF : 604KB)
・応募用紙(自薦)(WORD : 618KB)
・応募用紙(他薦)(EXCEL : 563KB)
・応募の御案内(PDF : 684KB)

お問合せ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課

担当者:活性化推進班 佐藤、山口
代表:03-3502-8111(内線5451)
ダイヤルイン:03-3502-5946
FAX番号:03-3595-6340

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader