ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「農業用水緊急節水対策本部」の解散について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年10月3日

農林水産省

「農業用水緊急節水対策本部」の解散について

農林水産省は、平成24年8月31日に設置した「農業用水緊急節水対策本部(本部長佐々木農林水産副大臣)」を、水田かんがいが終了し、ダム貯水率も回復傾向にあることから、本日、解散しました。

概要

 今夏、関東・東北地方では記録的な少雨となり、東北や関東の一部の地区において、農業用水の取水制限を行っていました。

  農林水産省は、農業用水のさらなる取水制限、農作物等の被害が危惧されたことから、渇水に対する迅速かつ効率的な対応を図るため、平成24年8月31日に佐々木農林水産副大臣を本部長とする「農業用水緊急節水対策本部」を設置しました。

  その後、関東・東北地方では、水田かんがいが終了し、利根川水系8ダムの貯水率も回復傾向にあることから、平成24年9月11日から開始された10%の取水制限は解除されました。

これらの状況を踏まえ、農林水産省に設置した「農業用水緊急節水対策本部」を本日、解散しました。

(参考)

・平成24年8月31日付けプレスリリース
「農業用水緊急節水対策本部」の設置について
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/mizu/120831.html

お問い合わせ先

農村振興局整備部水資源課
担当者:水資源企画班  原、長尾
代表:03-3502-8111(内線5538)
ダイヤルイン:03-3592-6810
FAX:03-5511-8252

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図