このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「農業用水緊急節水対策本部」の設置について

  • 印刷
平成29年7月3日
農林水産省
農林水産省は、本日、関東及び四国地方等において渇水傾向となっており、農業用水に係るダム等水源の状況が厳しさを増しており、農業用水の供給や農作物の生育への影響が懸念されることから、齋藤農林水産副大臣を本部長とする「農業用水緊急節水対策本部」を設置しました。

概要

現在、関東及び四国地方等において渇水傾向となっており、農業用水に係るダム等水源の状況が厳しさを増しています。
今後、少雨傾向が長期化した場合、農業用水の供給や農作物の生育への影響が懸念されること、また、関東農政局及び中国四国農政局において渇水対策本部等が設置されていることから、渇水に対応する迅速かつ効率的な対応を図るため、本日、齋藤農林水産副大臣を本部長とする「農業用水緊急節水対策本部」を設置しましたのでお知らせします。

本部長からは、各担当に対し、関係情報の収集、関係機関との連絡調整など万全の対応を図ることとの指示がありました。

なお、水源情報は、以下のURLページで御覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/suigen/index.html

お問合せ先

農村振興局整備部水資源課

担当者:水資源企画班 高阪、河野
代表:03-3502-8111(内線5538)
ダイヤルイン:03-3592-6810
FAX番号:03-5511-8252