ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成27年度 日本型直接支払の取組状況(見込み)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年3月1日

農林水産省

平成27年度 日本型直接支払の取組状況(見込み)について

農林水産省は、平成27年度 日本型直接支払(多面的機能支払交付金、中山間地域等直接支払交付金、環境保全型農業直接支払交付金)の平成28年1月末時点における取組状況(見込み)を取りまとめました。

1.多面的機能支払交付金の取組状況(見込み)

多面的機能支払交付金は、農業・農村が有する多面的機能が適切に維持・発揮されるよう、地域の共同活動を支援するものです。

 (1)農地維持支払交付金
農業者等により組織された団体が共同で実施する水路、農道等の基礎的な保全活動への支援。
取組市町村数は1,404市町村、対象組織数は28,157組織、取組面積は2,178,405haと見込まれます。

(2)資源向上支払交付金(地域資源の質的向上を図る共同活動)
農業者等に加え地域住民を含む団体が共同で実施する水路、農道等の軽微な補修、農村環境の保全活動等への支援。
取組市町村数は1,291市町村、対象組織数は22,765組織、取組面積は1,933,220haと見込まれます。

(3)資源向上支払交付金(施設の長寿命化のための活動)
農業者等により組織された団体が共同で実施する農業用施設の長寿命化のための活動への支援。
取組市町村数は883市町村、対象組織数は11,474組織、取組面積は636,180haと見込まれます。

 

・多面的機能支払交付金の詳細及び過去の取組状況については、次のURLより御覧になれます。
  http://www.maff.go.jp/j/nousin/kanri/tamen_siharai.html

 

  2.中山間地域等直接支払交付金の取組状況(見込み)

中山間地域等直接支払交付金は、平地との農業生産条件の不利を補正するための交付金を交付することにより、農業生産活動等を維持し、多面的機能の確保を図ることを目的とするものです。

取組市町村数は990市町村、協定数は25,671協定、取組面積は654,159haと見込まれます。

 

・中山間地域等直接支払交付金の詳細及び過去の取組状況については、次のURLより御覧になれます。
  http://www.maff.go.jp/j/nousin/tyusan/siharai_seido/index.html

 

  3.環境保全型農業直接支払交付金の取組状況(見込み)

環境保全型農業直接支払交付金は、農業者の組織する団体等が化学肥料及び化学合成農薬を原則5割以上低減する取組と合わせて行う地球温暖化防止や生物多様性の保全に効果の高い営農活動を支援するものです。

取組市町村数は872市町村、取組件数は4,097件、取組面積は76,863haと見込まれます。

 

・環境保全型農業直接支払交付金の詳細及び過去の取組状況については、次のURLより御覧になれます。
  http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/kakyou_chokubarai/mainp.html 

 

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部地域振興課日本型直接支払室
担当者:日本型直接支払班 池田、岡田(日本型直接支払関係)
代表:03-3502-8111(内線5439)
ダイヤルイン:03-6744-2665
FAX:03-6744-8543

農村振興局整備部農地資源課多面的機能支払推進室
担当者:保全指導班 藏本、石川(多面的機能支払交付金関係)
代表:03-3502-8111(内線5618)
ダイヤルイン:03-6744-2447
FAX:03-3592-0302

農村振興局農村政策部地域振興課中山間地域室
担当者:直接支払企画班 川崎、深水(中山間地域等直接支払交付金関係)
代表:03-3502-8111(内線5632)
ダイヤルイン:03-3501-8359
FAX:03-3592-1482

生産局農業環境対策課
担当者:環境直接支払班 井田、水谷(環境保全型農業直接支払交付金関係)
代表:03-3502-8111(内線4748)
ダイヤルイン:03-6744-0499
FAX:03-3502-0869

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図