ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議の設置及び第1回専門家会議の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年4月16日

農林水産省

世界農業遺産(GIAHS)専門家会議の設置及び第1回専門家会議の開催について

農林水産省は、「世界農業遺産(GIAHS)専門家会議」を設置し、第1回の専門家会議を平成26年4月23日(水曜日)に農林水産省 共用第4会議室において開催します。
この会議は非公開です。ただし、カメラ撮影は会議冒頭のみ可能です。

1.概要

GIAHS(注)は、伝統的な農業・農法を核として、生物多様性、優れた景観等が一体となって保全・活用される世界的に重要な農業システムを、国連食糧農業機関(FAO)が認定するものです。
FAOが定めるGIAHS申請・認定手順書によると、認定を希望する協議会等がFAOへ認定申請する際には、所管官庁(我が国の場合、農林水産省)の承認を得ることが必要とされています。

このため、GIAHSの認定申請候補地域に対する当該承認に係る専門的な評価を行うこと等を目的として、農林水産省内に「世界農業遺産(GIAHS)専門家会議」を設置しました。

第1回世界農業遺産(GIAHS)専門家会議は、下記2及び3により開催します。

本会議の結果概要等については、会議開催後、次のURLでホームページにて公開します。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs1.html

(注)GIAHS(ジアス)とは、Globally Important Agricultural Heritage Systemsの略。

2.開催日時及び場所

日時:平成26年4月23日(水曜日)15時00分~17時00分

会場:農林水産省 南別館7階 共用第4会議室(ドアNo.717)

所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1

3.議題

(1)世界農業遺産(GIAHS)認定申請候補地域の評価方法について

(2)世界農業遺産(GIAHS)認定申請に向けた主要なスケジュールについて

4.今後の予定

第1回会議において評価方法等を決定した上で、平成26年5月以降、認定申請候補地域を受け付け、平成26年9月以降、当該地域の評価を実施します。その結果に基づき、FAOへの認定申請に対する農林水産省の承認を行う予定です。詳細は、第1回会議後に公表します。

5.その他

本会議については、認定申請候補地域の評価等を行うため非公開です。ただし、冒頭のみカメラ撮影は可能です。


 

 

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村環境課農村環境対策室
担当者:生物多様性保全班  内藤、新地
代表:03-3502-8111(内線5490)
ダイヤルイン:03-3502-6091
FAX:03-3502-7587

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図