ホーム > 報道発表資料 > 歴史的風致維持向上計画の認定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年2月23日

農林水産省

歴史的風致維持向上計画の認定について

農林水産大臣、文部科学大臣及び国土交通大臣(「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」における主務大臣)は、2月23日(水曜日)に、同法第5条に基づき、福島県白河市、島根県松江市及び岐阜県恵那市から認定申請があった歴史的風致維持向上計画について認定を行いました。

概要

「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」は、地域の歴史的な風情、情緒を活かしたまちづくりを支援すべく平成20年5月23日に公布され、同年11月4日に施行されました。

この法律は、我が国固有の歴史的建造物や伝統的な人々の活動からなる歴史的風致について、市町村が作成した維持向上のための計画を国が認定することで、計画に基づく法律上の特例や各種事業により市町村の歴史まちづくりを支援するものです。

この度、法第5条に基づき計画認定申請があった、福島県白河市、島根県松江市及び岐阜県恵那市の歴史的風致維持向上計画について、主務大臣(文部科学大臣、農林水産大臣及び国土交通大臣)が認定を行いました。

各市の計画の概要

史跡小峰城跡やその旧城下町には、歴史的街路や町並み、歴史的建造物が集積し、そこでは白河提灯まつり、白河だるま市などの伝統行事、酒造業を中心とする伝統産業、史跡及び名勝南湖公園の花見などの行楽が受け継がれ、歴史的建造物と一体となって、良好な歴史的風致が形成されています。また、奥州街道・会津街道などの歴史的街道が市全域を通り、その沿道には宿場町の景観とともに伝統行事や、太鼓芸に特徴を持つ天道念仏などの年中行事が継承され、良好な歴史的風致が引きつがれています。

古代出雲の繁栄を物語る豊富な遺跡群や神々を祀る神社があり、出雲神話に因んだ祭礼が伝統的に行われています。また、松江城を中心に近世に形成された城下町が良く残り、茶の湯文化が息づくほか、鼕行列やホーランエンヤなどの伝統的な祭礼行事も行われ、一体となって良好な歴史的風致を形成しています。

岩村城下町や中山道大井宿等において現在も多くの歴史的建造物が残っており、岩村城下町は重要文化的建造物群保存地区に選定されています。各地域ではこうした歴史的資源とともに地区固有の祭礼や伝統を反映した産業・活動が行われており、それらが一体となった良好な市街地の環境が歴史的風致を形成しています。

 

認定された計画の詳細は、国土交通省ホームページでご覧になれます。

http://www.mlit.go.jp/crd/rekimachi/nintei/nintei.html

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村計画課
担当者:土地利用計画班 久保、吉成
代表:03-3502-8111(内線5534)
ダイヤルイン:03-3502-6004
FAX:03-3506-1934

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図