このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

歴史まちづくり法10周年記念シンポジウムの開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成30年4月10日
農林水産省
地域の歴史・文化資源を生かしたまちづくりを進めるため、平成20年に「歴史まちづくり法」が制定されて10年を迎えます。
法制定10周年を契機として、歴史まちづくりに対する機運を醸成し、全国的な歴史まちづくりの取組の更なる推進を図るため、「歴史まちづくり法10周年記念シンポジウム」を開催します。
本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。

1.概要

「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」は、我が国固有の歴史的建造物や伝統的な人々の活動からなる歴史的風致について、市町村が作成した歴史的風致維持向上計画を国が認定することで、法律上の特例や各種事業により市町村の歴史まちづくりを支援するものです。
歴史まちづくり法の制定・施行10周年を迎え、歴史・文化資源を生かしたまちづくりのこれまでの取組や成果、今後の方向性等の情報共有を図るとともに、歴史的景観都市協議会加盟都市・歴史的風致維持向上計画認定都市等の連携を深めることにより、全国的な歴史まちづくりの更なる推進を図るため、本シンポジウムを開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成30年5月11日(金曜日) 午後2時開会 (受付開始 午後1時30分)
会場:ウエスタ川越(入場無料)
所在地:埼玉県川越市新宿町1-17-17

3.主催

歴史的景観都市協議会、文部科学省、農林水産省、国土交通省

4.内容

(1)開会挨拶
(2)報告「全国における歴史まちづくりの動き」(国土交通省都市局)
(3)基調講演
西村幸夫氏(神戸芸術工科大学教授)
(4)パネルディスカッション(歴史まちづくりに取り組む8都市の首長による意見交換)
テーマ1 「歴史まちづくりの取組の概要とその効果について」
テーマ2 「今後の歴史まちづくりのあり方について」
(コーディネーター)神戸芸術工科大学教授 西村幸夫氏
(パネリスト)三重県亀山市長、高知県佐川町長、岡山県高梁市長、埼玉県川越市長、宮崎県日南市長、福島県国見町長、和歌山県湯浅町長、新潟県村上市長
(5)共同宣言
(6)閉会挨拶

5.申込方法

参加を御希望の方は、下記事項を記入の上、Eメール又はFAXでお申込みください。
なお、参加申込み多数の場合は期限前でも受付を終了させていただく場合があります。
(1)記入項目
氏名(ふりがな)
住所(市町村名のみ)
申込み区分(個人・会社・団体・行政関係・その他)
連絡先(Eメール、電話番号(携帯可))
(2)申込先
川越市 都市計画部 都市景観課
Eメール toshikeikan@city.kawagoe.saitama.jp
FAX 049-225-9800
(3)問合せ先
国土交通省 都市局 公園緑地・景観課
景観・歴史文化環境整備室
TEL 03-5253-8954
(4)申込期限
平成30年4月25日(水曜日) 
(5)会場までのアクセス
歴史まちづくり法10周年記念シンポジウム(リーフレット)を御覧ください

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、別紙1「取材申込書」により事前に、国土交通省都市局公園緑地・景観課までFAXでお申込みください(平成30年5月9日(水曜日) 12時まで)。

〈添付資料〉
歴史まちづくり法10周年記念シンポジウム(リーフレット)(PDF : 650KB)
別紙1「取材申込書」(PDF : 98KB)

お問合せ先

農村振興局農村政策部農村計画課

担当者:土地利用計画班 久保、清藤
代表:03-3502-8111(内線5534)
ダイヤルイン:03-3502-6004
FAX番号:03-3506-1934

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader