このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

令和元年度 新たな地域課題解決手法実証事業における農林水産省と一般社団法人INSPIREとの共催について

  • 印刷
令和元年7月16日
農林水産省
農林水産省は、新たな地域課題解決手法実証事業において、農山漁村の地域課題を解決するための新たな試みとして、本年10月~12月に一般社団法人INSPIREと共催で、全国3地域においてアイデアソンを実施します。

概要

農山漁村は、都市部に先駆けて人口減少や高齢化が進行しており、農山漁村の活性化は喫緊の課題となっています。農山漁村の活性化のためには、従来型の行政主導のやり方だけではなく、民間の知恵を積極的に活用する「官民連携」の形で取り組むことも重要と考えています。そこで、農林水産省では、新たな試みとして、一般社団法人INSPIREと共催でアイデアソンを実施します。
一般社団法人INSPIREとは、地方創生イノベータープラットフォームを企画・運営する非営利法人(本社:東京都渋谷区、代表理事:谷中修吾)です。日本全国のまちづくりで活躍するイノベーターの集合知を社会にシェアすることをミッションとして、カンファレンス、セミナー、アイデアソン、スタディーツアーなどを主催・共催しています。詳細は、以下のURLから御覧いただけます。
https://www.inspire-jpn.com/(外部リンク)

参考

(1)アイデアソンとは
アイデアソン(ideathon)とは、アイデア(idea)とマラソン(marathon)とを組み合わせた造語です。様々な分野の人々が集まり、チームに分かれてディスカッションすることを通じて、新しいアイデアを生み出し、それをブラッシュアップするイベントです。
農林水産省とINSPIREとが共催する今回のアイデアソンは、課題を抱える特定の農山漁村地域について、まずは突出したアイデア出しから始め、そこで出たアイデアを地域課題と結び付け、解決策を探る手法により、実施することを考えています。全国から斬新な幅広いアイデアを持つ企業や団体、志のある若者、地元地域の方、そして、農林水産省職員も一緒に参加し、ディスカッションを行う予定です。また、アイデアソンイベントに参加する農林水産省職員は、イベントの準備段階及びイベント終了後も地域に寄り添い、地域の課題解決までをフォローします。

(2)アイデアソンイベントの実施時期等について
アイデアソンイベントは、令和元年10月~12月に全国3地域で各1回の実施を予定しています。斬新な幅広いアイデア出しをしてみたい、農山漁村地域に行って自分のスキルを役立てたい等、地方創生に関心のある企業、団体、個人等であれば誰でも参加できます。(アイデアソンイベントへの参加の正式募集は、9月以降行う予定です。)

<アイデアソン実施方法>
(ア)1日完結型(東京駅周辺の会場で開催)
(イ)1泊2日型(首都圏近郊の農山漁村地域で開催)
(ウ)2泊3日型(首都圏以外の農山漁村地域で開催) 

お問合せ先

農村振興局農村政策部農村計画課農村政策推進室

担当者:寺田、長田
代表:03-3502-8111(内線5535)
ダイヤルイン:03-6744-2203
FAX番号:03-3501-9580