ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 諫早湾干拓開門問題に係る国の裁判対応について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年1月9日

農林水産省

諫早湾干拓開門問題に係る国の裁判対応について

本日、国は、諫早湾干拓開門問題について、佐賀地裁に対し確定判決の執行力の排除を求める請求異議の訴え、長崎地裁に対し開門差止仮処分決定への異議申出を行いました。 

概要 

諫早湾干拓排水門をめぐっては、国は、平成22年12月の福岡高裁確定判決による開門義務と、平成25年11月12日の長崎地裁開門差止仮処分決定による開門禁止義務という相反する2つの法的義務を負っている中、平成25年12月24日、確定判決の債権者から強制執行の申立てが行われました。

こうした状況において、国としての立場や考え方を司法の場において申し述べるため、本日、国として、

1 佐賀地裁に対し、「請求異議の訴え」及び「強制執行停止の申立て」

2 長崎地裁に対し、仮処分決定への「異議」の申出

を行いました。

お問い合わせ先

農村振興局整備部農地資源課
担当者:渡邉、加藤
代表:03-3502-8111(内線5477)
ダイヤルイン:03-6744-2193
FAX:03-3501-5126

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図