ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 国の執行抗告に対する福岡高等裁判所の決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年7月18日

農林水産省

国の執行抗告に対する福岡高等裁判所の決定について

本日、福岡高等裁判所(以下「福岡高裁」という。)において、諫早湾干拓潮受堤防の排水門を開門してはならず、開門したときは間接強制金を支払うことを命じた長崎地方裁判所(以下「長崎地裁」という。)の決定に関し、国の執行抗告を棄却する旨の決定がされました。

このことについての林農林水産大臣のコメントを公表します。

農林水産大臣コメント

本日7月18日、福岡高裁は、諫早湾干拓潮受堤防の排水門を開門してはならず、開門したときは間接強制金(1日49万円)を支払うことを命じた長崎地裁の決定に関し、国の執行抗告を棄却する旨の決定をした。
    
この決定を受け、国は、本日、福岡高裁に対し、最高裁への抗告許可を申し立てたところである。
    
一方、国は、6月6日の福岡高裁の決定により、6月12日以降、開門しない場合には1日当たり債権者それぞれにつき1万円(計49万円)を支払う義務も課されており、非常に難しい状況に置かれている。
    
今後とも、関係訴訟において、国としての主張を申し述べるなど、適切に対応するとともに、問題解決に向け、粘り強く関係者との話合いを呼びかけ、接点を探る努力を続けてまいりたい。

お問い合わせ先

農村振興局整備部農地資源課
担当者:横井、渡邉
代表:03-3502-8111(内線5477)
ダイヤルイン:03-6744-2193
FAX:03-3501-5126

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図