ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「ため池の放射性物質対策技術マニュアル基礎編」の取りまとめについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年11月19日

農林水産省

「ため池の放射性物質対策技術マニュアル基礎編」の取りまとめについて

農林水産省は、ため池の放射性物質対策の効果的かつ効率的な実施に資するため、放射性物質による汚染の実態把握や対策技術を実証した結果を踏まえ、対策のための調査計画の考え方や手順、留意点等を「ため池の放射性物質対策技術マニュアル基礎編」として取りまとめました。

1.概要

農林水産省は、これまで、福島県や独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所等の関係機関と連携して、「ため池等汚染拡散防止対策実証事業」により、ため池における放射性物質による汚染の実態把握、それによる利用・管理への影響の把握及び影響を低減するための対策技術の開発・実証に取り組んできました。

「ため池の放射性物質対策技術マニュアル基礎編」(以下「マニュアル」という。)は、これらの結果を踏まえて、営農再開・農業復興の観点から必要となるため池の放射性物質対策を、市町村等が効果的かつ効率的に取り組めるよう、調査・計画に関わる考え方や手順、留意点等を取りまとめたものです。

2.「マニュアル」について

「マニュアル」は、ため池における放射性物質対策の「基本的な考え方」、対策の検討に必要な「基礎調査」及び「計画」の手順や方法、留意点等について記載しています。

主な記載事項は、以下のとおりです。

「基本的な考え方」

(1)放射性物質による汚染の実態

(2)放射性物質対策の基本的な考え方

(3)リスクコミュニケーション

「基礎調査」

(1)放射性物質対策に必要な各種基礎調査

(2)基礎調査を踏まえた放射性物質対策の必要性の有無についての検討

(3)ため池の利用者や管理者等とのリスクコミュニケーション及び対策の検討

「計画」

(1)放射性物質の詳細調査及び仮設計画の検討

(2)放射性物質による影響の要因に応じた効果的・効率的な対策工法の組合せの検討

3.今後の予定

平成26年度内に放射性物質対策の積算・施工に係る「ため池の放射性物質対策技術マニュアル施工編(仮称)」を取りまとめる予定です。また、今後の知見の蓄積を踏まえ、随時改訂を行っていきます。

お問い合わせ先

農村振興局整備部防災課災害対策室
担当者:福島復旧復興班 柵木(ませぎ)、北田、大本
代表:03-3502-8111(内線5663)
ダイヤルイン:03-6744-2211
FAX:03-3592-0304

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図