ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 東日本大震災について~農地の除塩マニュアルと現地実証試験について~


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年6月24日

農林水産省

東日本大震災について~農地の除塩マニュアルと現地実証試験について~

農林水産省は、今後本格化する農地の除塩(海底の土砂が堆積した塩分濃度の高い農地を対象とした除塩)が円滑に進められるよう、技術的な留意点、作業手順等について整理した除塩マニュアルを作成しました。

1.本マニュアルのポイント

1.農地の塩害のメカニズム

2.除塩の方法と基本的な考え方

3.現地調査の留意点

4.施工上の留意点と作業手順

5.除塩の施工事例

 

具体的には、塩分濃度の高い農地の除塩方法として、土壌中の塩分を水の縦浸透を利用して押し流す方法(縦浸透法)と土壌中の塩分を湛水中に溶出させてほ場の水尻から排水する方法(溶出法)を提示し、それぞれの特徴、ほ場条件への適応性、施工方法等について解説しています。


また、除塩効果促進のために実施する弾丸暗渠、石灰質資材の散布、耕起などの施工上の留意点や、これまでほとんど取り扱われてこなかった畑の除塩方法について解説し、各地域で実務的な利用ができるよう作成しました。

 2.現地実証試験

 東北農政局では宮城県と連携し、宮城県名取市館腰地内及び宮城県亘理町長瀞地内において、6月27日からこのマニュアルに基づいた除塩の実証試験を行い、その結果を今後の現場指導に活用していく予定です。

3.その他

 現地取材を希望される方は、事前に下記の東北農政局担当者までお問い合わせください。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

【農地の除塩マニュアルについて】
農村振興局整備部防災課
担当者:赤倉、田村
代表:03-3502-8111(内線5663)
ダイヤルイン:03-6744-2211
FAX:03-3592-0304
農村振興局整備部設計課施工企画調整室
担当者:山田、石井
代表:03-3502-8111(内線5569)
ダイヤルイン:03-3591-5798
FAX:03-3500-4053

【現地実証試験について】
東北農政局整備部設計課事業調整室
担当者:大川(現地取材担当)
代表:022-263-1111(内線4450)
ダイヤルイン:022-221-6273 
FAX:022-216-4287
東北農政局整備部水利整備課
担当者:井原
代表:022-263-1111(内線4347)
ダイヤルイン:022-261-8305

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図