ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 東日本大震災について~農地・農業用施設の災害復旧のための技術者派遣について~


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年8月3日

農林水産省

東日本大震災について~農地・農業用施設の災害復旧のための技術者派遣について~

農林水産省は、宮城県からの農地・農業用施設の災害復旧のための農林水産省及び都道府県の技術者の派遣調整要請に対し、今般、派遣に向けた調整が整い、3地方農政局、22都道県の職員を順次派遣します。

岩手県、福島県については、既報(岩手県:6月7日付け、福島県:6月27日付け)でお知らせしたとおりです。

1.宮城県への派遣について

宮城県からの農地・農業用施設の災害復旧のための農林水産省及び都道府県の技術者の派遣調整要請に対し、今般、派遣に向けた調整が整い、3地方農政局、22都道県の職員を順次派遣します。

これにて、既に派遣を開始している岩手県及び福島県を含む被災3県等からの技術者派遣要請に対し、調整が整ったところであり、平成23年4月中旬から平成24年3月下旬にかけて、5地方農政局、国土交通省北海道開発局、40都道府県から合計309人月の技術者の派遣を行うことになります。

今後とも、要請に応じ、各都道府県等とも連携して、被災自治体への人的支援を積極的に行います。

(1)支援地域

仙台市、塩竃市、名取市、多賀城市、岩沼市、石巻市、東松島市、亘理町、山元町、松島町、七ヶ浜町、利府町、大和町、大郷町、富谷町、女川町、大衡村

※派遣者は、宮城県仙台地方振興事務所、東部地方振興事務所及び本庁において職務を遂行

(2)支援期間(予定)

平成23年9月1日~平成24年3月末

(3)支援人数

215人月

(4)支援内容

農地・農業用施設、農地海岸の災害復旧事業に関する災害査定、工事実施のための設計・積算、工事管理等

(5)支援機関

近畿農政局、中国四国農政局、九州農政局、北海道、秋田県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、兵庫県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県、佐賀県、熊本県

(3地方農政局、22都道県)

2.他2県への派遣状況について 

県名

岩手県

福島県

支援地域

大船渡市、陸前高田市、釜石市、宮古市、一関市、大槌町、山田町、岩泉町

派遣者は、岩手県大船渡農林振興センター、宮古農林振興センター、一関農村整備センターにおいて職務を遂行

郡山市、須賀川市、田村市、南相馬市、鏡石町、石川町、浅川町、三春町、小野町、天栄村、玉川村、平田村

派遣者は、県中農林事務所及び相双農林事務所(南相馬市鹿島区役所)において職務を遂行

支援期間

平成23年6月20日~平成24年3月2日 平成23年7月4日~平成23年9月30日

支援人数

75人月

19人月※

支援内容

災害査定設計書の作成・指導、工事実施のための設計書の作成、災害査定に伴う事務処理支援等

同左

支援機関

北陸農政局、東海農政局、中国四国農政局、九州農政局、国土交通省北海道開発局、北海道、青森県、秋田県、群馬県、埼玉県、神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県(4地方農政局、北海道開発局、31道府県) 北陸農政局、近畿農政局、栃木県、新潟県、滋賀県、京都府、山口県(2地方農政局、5府県)

※福島県矢吹町、鏡石町からの要請に基づく近畿農政局職員派遣(4月18日~5月31日)を含む。

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課
担当者:菖蒲、川島、上條
代表:03-3502-8111(内線5562)
ダイヤルイン:03-3502-6231
FAX:03-5511-8251

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図