ホーム > 報道発表資料 > 知的財産権の活用に関するアドバイザー派遣希望団体の公募について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年10月22日

農林水産省

知的財産権の活用に関するアドバイザー派遣希望団体の公募について

農林水産分野において、知的財産権を活用し、地域の活性化を図ろうとする団体や、すでに知的財産権を活用した地域活性化のための取組を行っており、活動を有効に行う上での課題が生じている団体に対して、専門的知見を有するアドバイザーを派遣し、計画の策定への助言や、課題解決のための具体的方策を検討・提案することにより、各団体の地域活性化にむけた取組を支援します。

1. 趣旨

多くの農山漁村において、地域の創意工夫により地域固有の資源を活かしたユニークな地域活性化の取組が行われていますが、そのような活動が全国的に評価されるようになると、地域独自の創意工夫がコピーされたり、地域固有の資源であったのが他地域でも生産・利用されたりするようになり、地域の長年の努力が十分な実を得ることができないとの課題が見受けられます。

また、農林水産分野での知的財産権の利活用に関心を寄せる関係者の多くから、実際の収益確保に結びつけることが難しいことや、知的財産権を取得した後の対応や管理体制づくりがうまくいかないといった声が聞かれます。

こうした状況を受け、農山漁村において、知的財産権(農林水産物の育成者権、農林水産物やその加工品に関する特許、商標、意匠や、地域ブランド等)によって地域の資源と地域の創意工夫を活かし、地域を活性化しようとする取組への支援を目的に、各取組の課題に応じて弁理士やマーケティングに関する専門家等のアドバイザーを派遣します。

2.公募数

全国5ヵ所程度

3.公募する団体

(1)地場産品を使った商品を開発し、商標や地域団体商標を活用した販売促進及び地域活性化を図ろうとする取組を行っている団体

(2)既に知的財産権を取得し地域活性化に向けた取組を行っている団体

4.アドバイザー派遣による支援の内容

弁理士やマーケティングに関する専門家を現地に派遣し、消費者ニーズを踏まえた地域ブランド展開やマーケティング手法、知的財産権取得のための方法、知的財産権取得後の適切な管理体制等についての助言を行い、各団体による計画策定等を支援します。

※特許申請等に係る費用を補助するものではありませんのでご注意ください。

5.公募方法

申請書及び参考資料5部を下記送付先に郵送してください。(送付頂いた資料につきましては返却いたしませんのでご注意ください。)

6.公募期間

平成19年10月22日(月曜日)~平成19年11月19日(月曜日)

7.派遣団体の決定

提出いただいた資料について、地域への波及効果や活動の実効性を検討の上、アドバイザー派遣を行う団体を選定いたします。アドバイザー派遣実施の有無につきましては12月7日(金曜日)までに各団体あてご連絡いたします。

8.事務局・申請書送付先

ランドブレイン株式会社  知財担当(事業受託団体)

住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10

TEL  03-3263-3811(代表)

FAX  03-3264-8672

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農村振興局企画部農村政策課農村整備総合調整室
担当者:農村整備計画調整班  田中、加藤
代表:03-3502-8111(内線5451)
ダイヤルイン:03-3502-5946
FAX:03-3595-6340

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図