このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

藤木農林水産大臣政務官の「令和元年度多面的機能支払交付金全国研究会」への出席について

  • 印刷
令和元年11月5日
農林水産省

藤木農林水産大臣政務官は、令和元年11月6日(水曜日)に、一橋大学一橋講堂において開催される「令和元年度多面的機能支払交付金全国研究会」に出席します。
本研究会は公開です。カメラ撮影も可能です。

1.概要

多面的機能支払制度の創設から5年が経過したことを踏まえ、5年間の総括を報告し、制度の効果を行政の視点、消費者の視点より考察します。
さらに、農業・農村の多面的機能の発揮の促進に向け、先進的な活動事例の情報を共有し、活動の更なる充実や活動組織間等のネットワークの形成を図ることを目的とします。

2.開催日時及び会場

日時:令和元年11月6日(水曜日)13時00分~17時00分
会場:一橋大学一橋講堂
所在地:東京都千代田区一ツ橋2-1-2

3.出席者

藤木農林水産大臣政務官

4.内容

(1)プログラム
第一部 基調講演「多面的機能支払交付金制度5年間の総括と今後の展望」
1)多面的機能支払交付金の5年間の取組と効果
2)消費者が日本の農業に期待すること

第二部 事例発表
テーマ1)女性役員の活躍による活動の広がりM
テーマ2)活動の円滑な推進に向けた土地改良区の役割

第三部 パネルディスカッション
テーマ)女性の活躍による地域コミュニティの活性化

(2)参加者
多面的機能支払交付金の活動組織の構成員(農業者、地域住民等)
地域公共団体、推進組織の担当者
公募による参加者

(3)主催
農林水産省農村振興局、関東農政局、全国水土里ネット多面的機能支払促進協議会

5.報道関係者の皆様へ

・本研究会は公開です。カメラ撮影も可能です。
・取材に関する詳細のお問い合わせは、農林水産省整備部農地資源多面的機能支払推進室(担当者:高嶋、田中、岡田 連絡先:03ー6744-2447)までお願いします。
・取材を希望される場合は、当日現地受付までお越しください。その際記者証等を御提示いただきますのであらかじめ御承知願います。
・また、取材に当たっては現地担当者の指示に従ってください。
・都合により予定が変更されることがありますので、あらかじめ御了承願います。

6.参考

現在、多面的機能支払交付金制度については、初めて知る人が活動を理解しやすく、より多くの組織の方々に愛着を持ってもらうために、愛称の募集を行っております。
募集期間は令和元年12月31日(金曜日)までです。詳細は、以下を御参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kanri/pdf/190909_aishou.html

お問合せ先

農村振興局整備部農地資源課多面的機能支払推進室
担当者:高嶋、田中、岡田
代表:03-3502-8111(内線5618)
ダイヤルイン:03-6744-2447
FAX番号:03-3592-0302