ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成27年度の経営所得安定対策等の加入申請状況について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年10月2日

農林水産省

平成27年度の経営所得安定対策等の加入申請状況について

農林水産省は、平成27年度の経営所得安定対策等の加入申請状況(平成27年7月31日現在)を取りまとめました。

1 平成27年産収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の加入申請件数と加入申請面積

    ナラシ対策は、昨年の担い手経営安定法の改正により、平成27年産からは認定農業者、集落営農に加え、認定新規就農者も対象として(いずれも規模要件は課されていません)実施されています。

    平成27年産の加入申請件数は11万2千件で、平成26年産の加入件数と比べると4万2千件増加しており、平成27年産の加入申請面積の合計は97万9千haで、平成26年産の加入面積と比べると14万1千ha増加しています。特に米は、昨年からの加入推進により、44万3千haから55万haに増加しています。

 

○収入減少影響緩和交付金の加入申請件数

                                                                                                                                                                        (単位:件、戸)

 

合計

認定農業者

集落営農

 

小計

個人

法人

構成戸数

平成27年産

112,089

107,056

99,809

7,247

4,548

144,499

平成26年産

(注)

69,741

65,886

60,429

5,457

3,855

135,340

対前年産比較

42,348

41,170

39,380

1,790

693

9,159

                                                                                     (単位:件)

 

認定新規就農者

小計

個人

法人

平成27年産

485

474

11

平成26年産

-

-

-

対前年産比較

485

474

11

(注) 平成26年産は、加入申請を行った者のうち、積立金を納付した者の数(加入件数)です。なお、法人化した集落営農については、集落営農ではなく、法人としてカウントしています。

 

○収入減少影響緩和交付金の加入申請面積

                                                                                                                                                      (単位:ha)

 

合計

大豆

てん菜

でん粉原料用
ばれいしょ

平成27年産

979,017

550,037

242,875

117,256

57,447

11,402

平成26年産

(注)

838,206

443,319

227,702

100,152

55,192

11,840

対前年産比較

140,811

106,717

15,173

17,104

2,254

▲ 438

(注) 平成26年産は、加入申請を行った者のうち、積立金を納付した者の面積(加入面積)です。

 

2 畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)の申請件数と作付計画面積

    ゲタ対策は、平成26年産までは販売目的で生産する販売農家、集落営農を対象としていましたが、昨年の担い手経営安定法の改正により、平成27年産からは認定農業者、集落営農、認定新規就農者を対象として(いずれも規模要件は課されていません)実施されています。

    平成27年度の申請件数は4万6千件と、平成26年度の支払対象者数と比べると2万3千件減少していますが、平成27年度の作付計画面積で見ると、合計は49万4千haで、平成26年度の支払面積と比べると1万1千ha増加しています。

 

○畑作物の直接支払交付金の申請件数

                                                                                                                                                                                                         (単位:件)

 

合計

担い手経営安定法の対象となる認定農業者等

担い手経営安定法の対象とならない販売農家等

認定農業者

集落営農

認定新規就農者

小計

個人

法人

小計

個人

法人

平成27年度

46,213

41,556

35,910

5,646

4,428

229

215

14

-

平成26年度

(注1)

69,099
(78,945)

32,771

28,381

4,390

3,552

-

-

-

32,776

対前年産比較

(注2)

▲ 22,886

8,785

7,529

1,256

876

229

215

14

▲ 32,776

(注1) 平成26年度の合計の上段は、平成27年4月末時点の支払対象者数、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の加入申請件数です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払対象者数と平成27年度加入申請者数との差です。

(注3) 認定新規就農者は、平成26年度は担い手経営安定法の対象とはなっていません。

 

○畑作物の直接支払交付金の作付計画面積

                                                                                                                                                                 (単位:ha)

 

合計

(内訳)

小麦

二条大麦
(注4)

六条大麦

はだか麦

平成27年度

(注1)

494,415

243,866

206,271

15,537

17,078

4,980

平成26年度

(注2)

483,753
(486,523)

240,705
(241,492)

203,956
(204,620)

16,693
(15,654)

15,072
(16,220)

4,983
(4,998)

対前年度比較

(注3)

10,662

3,161

2,315

▲ 1,157

2,006

▲ 3

                                                                                                                                                  (単位:ha)

 

大豆

てん菜

でん粉原料用
ばれいしょ

(注5)

そば

なたね

平成27年度

(注1)

124,258

59,105

15,428

50,437

1,321

平成26年度

(注2)

112,237
(114,355)

57,431
(57,389)

19,687
(16,299)

52,472
(55,781)

1,222
(1,207)

対前年度比較

(注3)

12,021

1,675

▲ 4,259

▲ 2,035

100

(注1) 平成27年度は、営農計画書に申告されている作付計画面積です。

(注2) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払面積(支払数量を都道府県の同年の実単収で換算した面積)、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点で営農計画書に申告された作付計画面積です。

(注3) 対前年度比較は、平成26年度支払面積と平成27年度作付計画面積との差です。

(注4) 平成26年度には、ビール用に生産されたものの、最終的にビール用として出荷できず食用として出荷された二条大麦の面積も含まれていますが、平成27年度には当該面積は含まれていません。

(注5) 平成26年度には、生食・加工用に生産されたものの、最終的に生食・加工用として出荷できずでん粉原料用ばれいしょとして出荷されたばれいしょの面積が含まれていますが、平成27年度には当該面積は含まれていません。

 

3 水田活用の直接支払交付金の申請件数と作付計画面積

(1) 平成27年度の申請件数は52万2千件で、平成26年度の支払対象者数と比べると2万6千件増加しています。

(2) 平成27年度の戦略作物の作付計画面積の合計は55万9千haで、平成26年度の支払面積と比べると6万8千ha(注)増加しています。

     具体的には、特に飼料用米が増加しています。

       (注) 基幹作物と二毛作作物の合計の作付計画面積。基幹作物のみの作付計画面積は42万6千haで、6万2千haの増加。  

 

○水田活用の直接支払交付金の申請件数

                                          (単位:件)

 

申請件数

平成27年度

522,286

平成26年度

(注1)

496,286
(540,548)

対前年度比較

(注2)

26,000

(注1) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払対象者数、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の加入申請件数です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払対象者数と平成27年度加入申請者数との差です。

 

○水田活用の直接支払交付金における戦略作物の作付計画面積

(ア) 基幹作物+二毛作作物

                                                                                                                                         (単位:ha)

 

合計

大豆

飼料作物
(除WCS用稲)

平成27年度

558,835

170,455

113,552

105,974

平成26年度

(注1)

490,855
(495,469)

167,451
(167,338)

105,690
(106,688)

101,736
(104,581)

対前年度比較

(注2)

67,980

3,004

7,862

4,238

                                                                                                                                                                (単位:ha)

 

新規需要米

(内訳)

加工用米

WCS用稲

米粉用米

飼料用米

平成27年度

122,235

38,226

4,245

79,766

46,616

平成26年度

(注1)

67,926
(68,288)

30,669
(31,157)

3,372
(3,406)

33,885
(33,726)

48,051
(48,572)

対前年度比較

(注2)

54,308

7,557

873

45,881

▲ 1,435

                                                                                                    (単位:ha)

 

(参考)
そば

(参考)
なたね

(参考)
備蓄米

平成27年度

35,205

622

44,423

平成26年度

(注1)

34,735
(36,451)

497
(526)

43,876
(43,947)

対前年度比較

(注2)

469

125

547

(注1) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払面積、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の作付計画面積です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払面積と平成27年度作付計画面積との差です。

(注3) そば、なたね、備蓄米については、産地交付金の支援対象です。

 

(イ) 基幹作物

                                                                                                                                          (単位:ha)

 

合計

大豆

飼料作物
(除WCS用稲)

平成27年度

425,894

99,140

86,627

73,108

平成26年度

(注1)

363,810
(366,741)

97,605
(97,320)

80,231
(81,709)

72,054
(72,733)

対前年度比較

(注2)

62,084

1,535

6,396

1,055

                                                                                                                                                                  (単位:ha)

 

新規需要米

(内訳)

加工用米

WCS用稲

米粉用米

飼料用米

平成27年度

122,232

38,226

4,245

79,762

44,785

平成26年度

(注1)

67,925
(68,287)

30,669
(31,157)

3,371
(3,406)

33,885
(33,724)

45,996
(46,692)

対前年度比較

(注2)

54,306

7,557

874

45,878

▲ 1,211

                                                                       (単位:ha)

 

(参考)
そば

(参考)
なたね

平成27年度

25,827

507

平成26年度

(注1)

25,899
(27,195)

363
(387)

対前年度比較

(注2)

▲ 71

144

(注1) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払面積、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の作付計画面積です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払面積と平成27年度作付計画面積との差です。

(注3) そば、なたねについては、産地交付金の支援対象です。

 

(ウ) 二毛作作物

                                                                                                                                          (単位:ha)

 

合計

大豆

飼料作物
(除WCS用稲)

平成27年度

132,940

71,315

26,925

32,866

平成26年度

(注1)

127,045
(128,728)

69,846
(70,018)

25,460
(24,979)

29,683
(31,849)

対前年度比較

(注2)

5,896

1,469

1,466

3,183

                                                                                                                                                                (単位:ha)

 

新規需要米

(内訳)

加工用米

WCS用稲

米粉用米

飼料用米

平成27年度

3

-

-

3

1,831

平成26年度

(注1)

1
(2)

-
(0)

1
(-)

-
(1)

2,055
(1,880)

対前年度比較

(注2)

2

-

▲ 1

3

▲ 224

                                                                        (単位:ha)

 

(参考)
そば

(参考)
なたね

平成27年度

9,377

115

平成26年度

(注1)

8,836
(9,257)

134
(139)

対前年度比較

(注2)

541

▲ 18

(注1) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払面積、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の作付計画面積です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払面積と平成27年度作付計画面積との差です。

(注3) そば、なたねについては、産地交付金の支援対象です。

 

○水田活用の直接支払交付金における耕畜連携助成の取組計画面積

                                                                                                                                   (単位:ha)

 

合計

飼料用米の

わら利用

水田放牧

資源循環の

取組

平成27年度

44,533

18,536

1,309

24,688

平成26年度

(注1)

31,992
(30,885)

9,776
(9,528)

1,271
(1,287)

20,944
(20,070)

対前年度比較

(注2)

12,541

8,760

38

3,743

(注1) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払面積、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の取組計画面積です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払面積と平成27年度取組計画面積との差です。

 

4 その他

    米の直接支払交付金(平成26年産から単価を7,500円/10aとした上で、平成29年産までの経過措置として実施)の申請件数は84万1千件で、平成26年度の支払対象者数と比べると3万7千件減少しています。

    作付計画面積は105万1千haで、平成26年度の支払面積と比べると3万8千ha減少しています。

 

○米の直接支払交付金の申請件数と作付計画面積

                                                                         (単位:件、ha)

 

申請件数

作付計画面積

平成27年度

841,243

1,050,852

平成26年度

(注1)

877,996
(901,823)

1,089,278
(1,102,589)

対前年度比較

(注2)

▲ 36,753

▲ 38,425

(注1) 平成26年度の申請件数の上段は、平成27年4月末時点の支払対象者数、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の加入申請件数です。また、作付計画面積の上段は、平成27年4月末時点の支払面積、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の作付計画面積です。

(注2) 対前年度比較は、申請件数は平成26年度支払対象者数と平成27年度加入申請者数との差です。また、作付面積は平成26年度支払面積と平成27年度作付計画面積との差です。

 

5 申請全体

(1) 平成27年度の申請件数は97万8千件で、平成26年度の支払対象者数と比べると2万8千件減少しています。

(2) 経営形態別の内訳は、個人は96万件、法人は1万1千件、集落営農は7千2百件となっています。

 

○経営形態別申請件数

                                                                                                                                                       (単位:件、戸)

 

申請件数

経営形態別

個人

法人

集落営農

 

構成戸数

平成27年度

977,998

960,219

10,582

7,197

206,060

平成26年度

(注1)

1,005,541
(1,041,881)

988,678
(1,025,040)

9,752
(9,612)

7,111
(7,229)

214,669
(215,343)

対前年度比較

(注2)

▲ 27,543

▲ 28,459

830

86

▲ 8,609

(注1) 平成26年度の上段は、平成27年4月末時点の支払対象者数、下段(括弧書き)は、平成26年7月31日時点の加入申請件数です。

(注2) 対前年度比較は、平成26年度支払対象者数と平成27年度加入申請者数との差です。

 


<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

政策統括官付総務・経営安定対策参事官付経営安定対策室
担当者:緒方、浦杉、藤井
代表:03-3502-8111(内線5149)
ダイヤルイン:03-6744-0502
FAX:03-6744-7610

〈水田活用の直接支払交付金〉
政策統括官付穀物課水田農業対策室
担当者:福島、長峰、舘
代表:03-3502-8111(内線4792)
ダイヤルイン:03-3597-0191
FAX:03-6744-2523

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図