このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成28年度の経営所得安定対策等の加入申請状況について

  • 印刷
平成28年11月1日
農林水産省

農林水産省は、平成28年度の経営所得安定対策等の加入申請状況(平成28年7月末時点、熊本県については9月末時点)を取りまとめました。

 

1.収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の申請件数と申請面積

  申請件数は11万件で、平成27年産の申請件数と比べて3千件減少していますが、申請面積の合計は99万haで、平成27年産の申請面積と比べて1万1千ha
増加しています。

〇 収入減少影響緩和交付金の申請件数
  合計 認定農業者(件) 集落営農(件) 認定新規就農者(件)
小計 うち個人 うち法人 件数 構成戸数
(戸)
小計 うち個人 うち法人
平成28年産 109,533  104,855  96,919  7,936  4,080  122,713  598  589 
平成27年産 112,089  107,056  99,809  7,247  4,548  144,499  485  474  11 
対前年産比較 ▲2,556  ▲2,201  ▲2,890  689  ▲468  ▲21,786  113  115  ▲2 


〇 収入減少影響緩和交付金の申請面積
                                                                                                                                      (単位:ha)
  合計 大豆 てん菜 でん粉原料用
ばれいしょ
平成28年産 990,455  553,252  243,264  124,456  58,045  11,437 
平成27年産 979,017  550,037  242,875  117,256  57,447  11,402 
対前年産比較 11,438  3,216  389  7,200  598  35 


2.畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)の申請件数と作付計画面積

  申請件数は4万6千件で、平成27年度の申請件数とほぼ同数ですが、作付計画面積の合計は50万2千haで、平成27年度の作付計画面積と比べて7千ha
増加しています。

〇 畑作物の直接支払交付金の申請件数
  合計 認定農業者(件) 集落営農(件) 認定新規就農者(件)
小計 うち個人 うち法人 件数 構成戸数(戸) 小計 うち個人 うち法人
平成28年度 46,332  41,979  35,751  6,228  4,036  126,471  317  302  15 
平成27年度(注1) 46,213 
(44,928)
41,556 
 
35,910 

5,646 

4,428 

147,333 
 
229 
 
215 

14 

対前年度比較(注2) 119  423  ▲ 159  582  ▲392  ▲20,862  88  87 
(注1)平成27年度の上段は、平成27年7月末時点の申請件数、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払対象者数。
(注2)対前年度比較は、平成27年度申請件数と平成28年度申請件数との差。


〇 畑作物の直接支払交付金の作付計画面積
                                                                                                                                        (単位:ha)
  合計
小計 うち小麦 うち二条大麦 うち六条大麦 うちはだか麦
平成28年産 501,777  241,482  204,527  15,208  16,965  4,782 
平成27年度 494,415  243,866  206,271  15,537  17,078  4,980 
対前年度比較 7,362  ▲2,384  ▲1,744  ▲329  ▲113  ▲199 
                                                                                                                (単位:ha)
  大豆 てん菜 でん粉原料用
ばれいしょ
そば なたね
平成28年産 130,001  61,022  15,365  52,258  1,649 
平成27年度 124,258  59,105  15,428  50,437  1,321 
対前年度比較 5,743  1,916  ▲62  1,821  328 

3.水田活用の直接支払交付金の申請件数と作付計画面積

  申請件数は49万9千件で、平成27年度の申請件数と比べて2万3千件減少していますが、戦略作物の作付計画面積の合計は58万5千haで、平成27年度の
作付計画面積と比べて2万6千ha(注)増加しています。
  具体的には、特に飼料用米が増加しています。
(注)基幹作物と二毛作作物の合計の作付計画面積。基幹作物のみの作付計画面積は44万7千haで、2万1千haの増加。

〇 水田活用の直接支払交付金の申請件数
                                                                                                  (単位:件)
  合計 個人 法人 集落営農
平成28年度 499,011  482,027  10,893  6,091 
平成27年度(注1) 522,286 
(478,293)
505,942 
(461,858)
9,885 
(9,931)
6,459 
(6,504)
対前年度比較(注2) ▲23,275  ▲23,915  1,008  ▲368 
(注1)平成27年度の上段は、平成27年7月末時点の申請件数、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払対象者数。
(注2)対前年度比較は、平成27年度申請件数と平成28年度申請件数との差。


〇 水田活用の直接支払交付金における戦略作物の作付計画面積
(ア) 基幹作物+二毛作作物
                                                                                                  (単位:ha)
  合計 大豆 飼料作物
(除WCS用稲)
平成28年度 584,627  172,272  117,310  108,554 
平成27年度(注1) 558,835 
(554,529)
170,455 
(170,590)
113,552 
 (113,016)
105,974 
(103,234)
対前年度比較(注2) 25,792  1,816  3,758  2,580 
                                                                                                                    (単位:ha)
  新規需要米 加工用米
小計 うちWCS用稲 うち米粉用米 うち飼料用米
平成28年度 136,094  41,490  3,428  91,176  50,396 
平成27年度(注1) 122,235 
(121,533)
38,226 
(37,860)
4,245 
(4,206)
79,766 
(79,467)
46,616 
(46,157)
対前年度比較(注2) 13,859  3,264  ▲818  11,410  3,780 
                                                                          (単位:ha)
  (参考)
そば
(参考)
なたね
(参考)
備蓄米
平成28年度 36,841  828  39,582 
平成27年度(注1) 35,205 
(34,125)
622 
(585)
44,423 
(43,771)
対前年度比較(注2) 1,637  206  ▲4,841 
(注1)平成27年度の上段は、平成27年7月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較は、平成27年度作付計画面積と平成28年度作付計画面積との差。
(注3)そば、なたね、備蓄米については、産地交付金の支援対象。
(注4)熊本県において、自然災害等により作付けが困難となった農地について、条件を満たしたものを対象としている。


(イ) 基幹作物
                                                                                                  (単位:ha)
  合計 大豆 飼料作物
(除WCS用稲)
平成28年度 447,205  99,478  88,936  74,284 
平成27年度(注1) 425,894 
(422,556)
99,140 
(98,950)
86,627 
(85,805)
73,108 
(72,176)
対前年度比較(注2) 21,310  338  2,309  1,176 
                                                                                                                    (単位:ha)
  新規需要米 加工用米
小計 うちWCS用稲 うち米粉用米 うち飼料用米
平成28年度 136,092  41,490  3,428  91,175  48,415 
平成27年度(注1) 122,232 
(121,528)
38,226 
(37,860)
4,245 
(4,206)
79,762 
(79,462)
44,785 
(44,098)
対前年度比較(注2) 13,860  3,264  ▲818  11,412  3,630 
                                                    (単位:ha)
  (参考)
そば
(参考)
なたね
平成28年度 27,089  688 
平成27年度(注1) 25,827 
(25,019)
507 
(471)
対前年度比較(注2) 1,262  182 
(注1)平成27年度の上段は、平成27年7月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較は、平成27年度作付計画面積と平成28年度作付計画面積との差。
(注3)そば、なたねについては、産地交付金の支援対象。
(注4)熊本県において、自然災害等により作付けが困難となった農地について、条件を満たしたものを対象としている。


(ウ) 二毛作作物
                                                                                                  (単位:ha)
  合計 大豆 飼料作物
(除WCS用稲)
平成28年度 137,422  72,794  28,374  34,270 
平成27年度(注1) 132,940 
(131,973)
71,315 
(71,640)
26,925 
(27,211)
32,866 
(31,057)
対前年度比較(注2) 4,481  1,479  1,449  1,404 
                                                                                                                    (単位:ha)
  新規需要米 加工用米
小計 うちWCS用稲 うち米粉用米 うち飼料用米
平成28年度 -  1,982 
平成27年度(注1)
(5)
- 
(-)
- 
(-)

(5)
1,831 
(2,059)
対前年度比較(注2) ▲1  -  ▲2  151 
                                                   (単位:ha) 
  (参考)
そば
(参考)
なたね
平成28年度 9,752  140 
平成27年度(注1) 9,377 
(9,106)
115 
(114)
対前年度比較(注2) 375  24 
(注1)平成27年度の上段は、平成27年7月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較は、平成27年度作付計画面積と平成28年度作付計画面積との差。
(注3)そば、なたねについては、産地交付金の支援対象。
(注4)熊本県において、自然災害等により作付けが困難となった農地について、条件を満たしたものを対象としている。


〇 水田活用の直接支払交付金における耕畜連携助成の取組計画面積
                                                                                                  (単位:ha)
  合計 飼料用米の
わら利用
水田放牧 資源循環の
取組
平成28年産 50,672  22,406  1,311  26,955 
平成27年産(注1) 44,533 
(46,800)
18,536 
(19,866)
1,309 
(1,299)
24,688 
(25,636)
対前年度比較(注2) 6,139  3,869  2,268 
(注1)平成27年度の上段は、平成27年度7月末時点の取組計画面積、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較は、平成27年度取組計画面積と平成28年度取組計画面積との差。

4.その他

  米の直接支払交付金(平成29年産までの経過措置として実施)の申請件数は79万7千件で、平成27年度の申請件数と比べて4万4千件減少しており、
作付計画面積は103万6千haで、平成27年度の作付計画面積と比べて1万5千ha減少しています。

〇 米の直接支払交付金の申請件数と作付計画面積
  申請件数(件) 作付計画面積 (ha)
合計 うち個人 うち法人 うち集落営農
平成28年度 796,909  783,966  8,599  4,344  1,035,559 
平成27年度(注1) 841,243 
(820,373)
828,703 
 (808,023)
7,857 
(7,806)
4,683 
(4,544)
1,050,852 
(1,039,251)
対前年度比較(注2) ▲44,334  ▲44,737  742  ▲339  ▲15,294 
(注1)平成27年度の申請件数の上段は、平成27年7月末時点の申請件数、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払対象者数。
       また、平成27年度の作付計画面積の上段は、平成27年7月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成28年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較の申請件数は、平成27年度申請件数と平成28年度申請件数との差。
       また、作付計画面積は、平成27年度作付計画面積と平成28年度作付計画面積との差。



<添付資料>
 平成28年度経営所得安定対策等の加入申請状況(PDF : 193KB)

お問合せ先

政策統括官付総務・経営安定対策参事官付経営安定対策室

担当者:今野(いまの)、杉山、藤村
代表:03-3502-8111(内線5149)
ダイヤルイン:03-6744-0502
FAX番号:03-6744-7610


<水田活用の直接支払交付金>

政策統括官付穀物課水田農業対策室

担当者:峯村、吉田、舘
代表:03-3502-8111(内線4792)
ダイヤルイン:03-3597-0191
FAX番号:03-6744-2523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader