このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成29年度の経営所得安定対策等の加入申請状況について

  • 印刷
平成29年9月29日
農林水産省
農林水産省は、平成29年度の経営所得安定対策等の加入申請状況(平成29年7月末時点)を取りまとめました。

1.収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の申請件数と申請面積

  申請件数は10万6千件で、平成28年産の申請件数と比べて4千件減少していますが、申請面積の合計は99万1千haで、平成28年産の申請面積と比べて
1千ha増加しています。

〇 収入減少影響緩和交付金の申請件数
  合計 認定農業者(件) 集落営農 認定新規就農者(件)
小計 うち個人 うち法人 件数
(件)
構成戸数
(戸)
小計 うち個人 うち法人
平成29年産 105,884  101,557  93,081  8,476  3,664  106,772  663  651  12 
平成28年産 109,533  104,855  96,919  7,936  4,080  122,713  598  589 
対前年産比較 ▲3,649  ▲3,298  ▲3,838  540  ▲416  ▲15,941  65  62 


〇 収入減少影響緩和交付金の申請面積
                                                                                                                                      (単位:ha)
  合計 大豆 てん菜 でん粉原料用
ばれいしょ
平成29年産 991,257  557,312  240,755  125,479  56,825  10,885 
平成28年産 990,455  553,252  243,264  124,456  58,045  11,437 
対前年産比較 802  4,060  ▲2,509  1,023  ▲1,220  ▲552 


2.畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)の申請件数と作付計画面積

  申請件数は4万5千件で、平成28年度の申請件数と比べて1千件減少しており、作付計画面積の合計は49万9千haで、平成28年度の作付計画面積と比べ
て3千ha減少しています。

〇 畑作物の直接支払交付金の申請件数
  合計 認定農業者(件) 集落営農 認定新規就農者(件)
小計 うち個人 うち法人 件数
(件)
構成戸数(戸) 小計 うち個人 うち法人
平成29年度 45,345  41,397  34,732  6,665  3,603  112,278  345  329  16 
平成28年度(注1) 46,332 
(44,892)
41,979 
(40,676)
35,751 
(34,449)
6,228 
(6,227)
4,036 
(3,939)
126,471 
 (124,831)
317 
 (277)
302 
(269)
15 
(8)
対前年度比較(注2) ▲987  ▲582  ▲1,019  437  ▲433  ▲14,193  28  27 
(注1)平成28年度の上段は、平成28年9月末時点の申請件数、下段(括弧書き)は、平成29年4月末時点の支払対象者数。
(注2)対前年度比較は、平成28年度申請件数と平成29年度申請件数との差。


〇 畑作物の直接支払交付金の作付計画面積
                                                                                                                                        (単位:ha)
  合計
小計 うち小麦 うち二条大麦 うち六条大麦 うちはだか麦
平成29年度 498,899  238,854  201,705  15,576  16,846  4,728 
平成28年度 501,777  241,482  204,527  15,208  16,965  4,782 
対前年度比較 ▲2,878  ▲2,628  ▲2,822  368  ▲119  ▲54 
                                                                                                                (単位:ha)
  大豆 てん菜 でん粉原料用
ばれいしょ
そば なたね
平成29年度 131,100  57,880  14,789  54,641  1,635 
平成28年度 130,001  61,022  15,365  52,258  1,649 
対前年度比較 1,099  ▲3,142  ▲577  2,383  ▲14 

3.水田活用の直接支払交付金の申請件数と作付計画面積

  申請件数は46万5千件で、平成28年度の申請件数と比べて3万4千件減少していますが、戦略作物の作付計画面積の合計は45万haで、平成28年度の
作付計画面積と比べて3千ha増加しています。
  具体的には、WCS用稲及び米粉用米が特に増加しています。

〇 水田活用の直接支払交付金の申請件数
                                                                                                  (単位:件)
  合計 個人 法人 集落営農
平成29年度 465,263  448,324  11,322  5,617 
平成28年度(注1) 499,011 
(457,225)
482,027 
(440,118)
10,893 
(11,037)
6,091 
(6,070)
対前年度比較(注2) ▲33,748  ▲33,703  429  ▲474 
(注1)平成28年度の上段は、平成28年9月末時点の申請件数、下段(括弧書き)は、平成29年4月末時点の支払対象者数。
(注2)対前年度比較は、平成28年度申請件数と平成29年度申請件数との差。


〇 水田活用の直接支払交付金における戦略作物の作付計画面積
                                                                                                  (単位:ha)
  合計 大豆 飼料作物
(除WCS用稲)
平成29年度 450,468  98,055  89,729  73,629 
平成28年度(注1) 447,205 
(442,935)
99,478 
(99,365)
88,936 
(87,941)
74,284 
(72,441)
対前年度比較(注2) 3,263  ▲1,423  793  ▲655 
                                                                                                                    (単位:ha)
  新規需要米 加工用米
小計 うちWCS用稲 うち米粉用米 うち飼料用米
平成29年度 139,703  42,891  5,307  91,505  49,352 
平成28年度(注1) 136,092 
(135,370)
41,490 
(41,105)
3,428 
(3,501)
91,175 
(90,764)
48,415 
(47,817)
対前年度比較(注2) 3,611  1,401  1,879  331  937 
                                                               (単位:ha)
  (参考)
そば
(参考)
なたね
(参考)
備蓄米
平成29年度 27,528  753  34,943 
平成28年度(注1) 27,089 
(26,038)
688 
(649)
39,582 
(39,333)
対前年度比較(注2) 439  64  ▲4,639 
(注1)平成28年度の上段は、平成28年9月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成29年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較は、平成28年度作付計画面積と平成29年度作付計画面積との差。
(注3)そば、なたね、備蓄米については、産地交付金の支援対象。


(参考) 産地交付金における二毛作作物
                                                                                                  (単位:ha)
  合計 大豆 飼料作物
(除WCS用稲)
平成29年度 135,895  72,055  27,981  33,848 
平成28年度(注1) 137,422 
(135,399)
72,794 
(72,939)
28,374 
(27,793)
34,270 
(32,502)
対前年度比較(注2) ▲1,527  ▲738  ▲393  ▲422 
                                                                                                                    (単位:ha)
  新規需要米 加工用米
小計 うちWCS用稲 うち米粉用米 うち飼料用米
平成29年度 -  -  2,008 
平成28年度(注1)
(1)

(1)
- 
(-)

(0)
1,982 
(2,165)
対前年度比較(注2) ▲0  -  ▲1  26 
                                                   (単位:ha) 
  そば なたね
平成29年度 9,885  127 
平成28年度(注1) 9,752 
(9,513)
140 
(142)
対前年度比較(注2) 132  ▲13 
(注1)平成28年度の上段は、平成28年9月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成29年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較は、平成28年度作付計画面積と平成29年度作付計画面積との差。


4.その他

  米の直接支払交付金(平成29年産までの経過措置として実施)の申請件数は75万1千件で、平成28年度の申請件数と比べて4万6千件減少しており、
作付計画面積は102万8千haで、平成28年度の作付計画面積と比べて7千ha減少しています。

〇 米の直接支払交付金の申請件数と作付計画面積
  申請件数(件) 作付計画面積 (ha)
合計 うち個人 うち法人 うち集落営農
平成29年度 750,833  737,546  9,285  4,002  1,028,493 
平成28年度(注1) 796,909 
(778,026)
783,966 
 (765,175)
8,599 
(8,651)
4,344 
(4,200)
1,035,559 
(1,026,079)
対前年度比較(注2) ▲46,076  ▲46,420  686  ▲342  ▲7,065 
(注1)平成28年度の申請件数の上段は、平成28年9月末時点の申請件数、下段(括弧書き)は、平成29年4月末時点の支払対象者数。
       また、平成28年度の作付計画面積の上段は、平成28年9月末時点の作付計画面積、下段(括弧書き)は、平成29年4月末時点の支払面積。
(注2)対前年度比較の申請件数は、平成28年度申請件数と平成29年度申請件数との差。
       また、作付計画面積は、平成28年度作付計画面積と平成29年度作付計画面積との差。


<添付資料>
平成29年度経営所得安定対策等の加入申請状況(PDF : 188KB)

お問合せ先

「1 収入減少影響緩和交付金」、「2 畑作物の直接支払交付金」及び「4 その他」について

政策統括官付総務・経営安定対策参事官付経営安定対策室

担当者:土居下、杉山、藤村
代表:03-3502-8111(内線5149)
ダイヤルイン:03-6744-0502
FAX番号:03-6744-7610

「3 水田活用の直接支払交付金」について

政策統括官付穀物課水田農業対策室

担当者:峯村、吉田、稲垣
代表:03-3502-8111(内線4792)
ダイヤルイン:03-3597-0191
FAX番号:03-6744-2523