このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

輸入小麦の政府売渡価格の改定について

  • 印刷
平成29年9月6日
農林水産省
農林水産省は、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(平成6年法律第113号)第42条第2項」に基づき売り渡す輸入小麦の平成29年10月期の政府売渡価格を決定しました。

1.政府売渡価格の改定内容

輸入小麦の直近6か月間(平成29年3月第2週~平成29年9月第1週)の平均買付価格は、米国・豪州において、小麦の生育期の降水量が少なく、減収懸念から価格が上昇したこと、輸送需要の増加により海上運賃が上昇したこと、為替が円安傾向で推移したこと等、から前期に比べ上昇しました。
この結果、平成29年10月期(平成29年10月~)の輸入小麦の政府売渡価格は、政府売渡価格の改定ルールに基づき、直近6か月間の平均買付価格を基に算定すると、5銘柄加重平均(税込価格)で52,510円/トン、3.6%の引上げとなります。
(単位:円/トン)
政府売渡価格 29年4月期 29年10月期 対前期比
5銘柄加重平均(税込み) 50,690  52,510 +3.6%

注1:5銘柄の内訳

ハード・セミハード系小麦
アメリカ産ダーク・ノーザン・スプリング(DNS) 主にパン・中華麺用
カナダ産ウェスタン・レッド・スプリング(1CW) 主にパン用
アメリカ産ハード・レッド・ウィンター(HRW) 主にパン・中華麺用
ソフト系小麦
オーストラリア産スタンダード・ホワイト(ASW) 主に日本麺用
アメリカ産ウェスタン・ホワイト(WW) 主に菓子用
注2:ハード・セミハード系小麦の平成29年10月期における政府売渡価格(加重平均)は、税込みで53,600円/トン(対前期比+1.7%)です。
ソフト系小麦の平成29年10月期における政府売渡価格(加重平均)は、税込みで50,200円/トン(対前期比+8.2%)です。






2.輸入小麦の安定供給確保のための相談窓口等

農林水産省は、消費者等に対して、輸入小麦の政府売渡価格の背景等の情報提供を行うとともに、専門の相談窓口を通じ、各種の相談を受け付けています。また、併せて小麦関連製品の小売価格の動向把握に努めています。

窓口設置場所:農林水産省政策統括官付貿易業務課麦類需給班
電話:03-6744-1253(直通)
インターネットによるお問合せ:
https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/seisaku_tokatu/boeki/mugi.html

<添付資料>
輸入小麦の政府売渡価格について(PDF : 561KB)

お問合せ先

政策統括官付貿易業務課

担当者:小俣、堀籠
代表:03-3502-8111(内線5012)
ダイヤルイン:03-6744-1253
FAX番号:03-6744-1390

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader