このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

砂糖及び異性化糖の需給見通しについて

  • 印刷
平成29年12月25日
農林水産省
農林水産省は、平成29砂糖年度及び同年度1~3月期における砂糖及び異性化糖の需給見通しを作成しました。

趣旨

農林水産省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」(昭和40年法律第109号)により、砂糖等に関して適切な価格調整を図るため、四半期毎に砂糖及び異性化糖の需給見通しを作成しています。
この需給見通しは、今後の消費量と供給量の見通しを示すことによって、関係者(生産者、製造業者、実需者)等に役立ててもらうものです。  

今後の消費量の見通し(平成29砂糖年度及び同年度1~3月期)のポイント

(1)分蜜糖の消費量見通し
平成29砂糖年度の分蜜糖消費量の見通しは、近年の消費動向等を総合的に勘案し、1,900千トン(対前年+0.3%、+7千トン)となっています。
1~3月期の見通しは、近年の四半期別消費動向を踏まえ443.4千トンとなっています。

(2)含蜜糖の消費量見通し
平成29砂糖年度の含蜜糖消費量の見通しは、近年の消費動向等を勘案し、37千トン(対前年+3.0%、+1.1千トン)となっています。
1~3月期の見通しは、近年の四半期別消費動向を踏まえ14.8千トンとなっています。

(3)異性化糖の消費量見通し
平成29砂糖年度の異性化糖の消費量の見通しは、近年の消費動向等を勘案し、815千トン(対前年▲2.0%、▲17千トン)となっています。
1~3月期の見通しは、近年の四半期別の消費動向を踏まえ177.4千トンとなっています。

消費量の見通し

   年間 平成30年1~3月期
(1)分蜜糖   1,900千トン          443.4千トン
(2)含蜜糖      37千トン              14.8千トン
(3)異性化糖    815千トン          177.4千トン

供給量の見通し

   年間 平成30年1~3月期
(1)国内産糖    816千トン             399.1千トン
(2)輸入糖 1,118千トン             170.8千トン
(3)異性化糖    815千トン             177.4千トン



<用語、数字の解説>
注1)砂糖年度とは、該当年の10月1日から翌年の9月30日までの期間。
注2)分蜜糖とは、さとうきび、てん菜を原料とする糖汁を結晶化し、糖蜜を分離したもので、上白糖、グラニュー糖などがある。
注3)含蜜糖とは、さとうきびを原料とする糖汁を濃縮し、糖蜜を分離せずに固化させた黒糖などである。
注4)分蜜糖、国内産糖及び輸入糖は製糖ベース、含蜜糖は製品ベースである。
注5)異性化糖とは、ぶどう糖と果糖の混合液糖であり、主に清涼飲料に使用される。

その他

(参考)
砂糖及び異性化糖の需給見通し
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tokusan/kansho/satou.html

お問合せ先

政策統括官付地域作物課

担当者:貞包、阿部
代表:03-3502-8111(内線4844)
ダイヤルイン:03-6744-2116
FAX番号:03-3593-2608