このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成29年産米の都道府県別の生産数量目標について

  • 印刷
平成28年11月28日
農林水産省
農林水産省は、食料・農業・農村政策審議会食糧部会の答申を経て、本日、変更及び公表を行った「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」に基づき、平成29年産米の都道府県別の生産数量目標を設定しました。

概要

食料・農業・農村政策審議会食糧部会の答申を経て、本日、変更及び公表を行った「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針」において、平成29年産米の生産数量目標を735万トン、自主的取組参考値を733万トンと決定しました。
当該指針に基づき、当該生産数量目標及び自主的取組参考値を平成27年産米における都道府県別シェアで按分した都道府県の生産数量目標及び自主的取組参考値を別紙のとおりお知らせします。
また、都道府県への生産数量目標等の配分通知に当たっては、平成30年産以降を見据えて、都道府県が需要に応じた生産に向けた判断が主体的に行えるよう、当該都道府県の在庫状況や平成28年産主食用米の生産の状況(生産数量目標と作況を踏まえた実生産量の差)にも留意する旨、付記しています。
なお、平成25年12月に農林水産業・地域の活力創造本部(本部長:内閣総理大臣)で決定された「農林水産業・地域の活力創造プラン」を踏まえれば、都道府県別の生産数量目標及び自主的取組参考値の設定は平成29年産限りとなります。

<添付資料>
(別紙)平成29年産米の都道府県別の生産数量目標等(PDF : 60KB)
(参考1)28年産米の生産量と29年産米の都道府県別の生産数量目標等(PDF : 64KB)
(参考2)平成28/29年の主食用米等の需給見通し(PDF : 97KB)
(参考2)平成29/30年の主食用米等の需給見通し(PDF : 142KB)(平成28年11月28日18時00分訂正)

お問合せ先

政策統括官付穀物課水田農業対策室

担当者:峯村、海老原、山根
代表:03-3502-8111(内線4778)
ダイヤルイン:03-6744-7135
FAX番号:03-6744-2523