このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

平成30年産の水田における作付状況について

  • 印刷
平成30年9月28日
農林水産省
農林水産省は、本日、平成30年産の水田における作付状況(平成30年9月15日現在)を取りまとめました。

1.平成30年産の全国及び都道府県別の作付状況(平成30年9月15日現在)

平成30年産の戦略作物の取組計画の認定結果等を取りまとめた結果、全国の主食用米の作付面積は、都道府県ごとの増減があるものの、前年産と概ね同水準の138.6万haとなりました。
また、戦略作物等については、飼料用米及び備蓄米の作付面積が減少する一方、新市場開拓用米が増加し、その他の戦略作物については、総じて前年並みとなりました。
全国の詳細及び都道府県別の作付状況については、添付資料を御覧ください。

2.平成30年産の地域農業再生協議会別の作付状況(平成30年9月15日現在)

地域農業再生協議会別の作付状況については、以下を御覧ください。

ア.北海道
イ.東北ブロック(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)
ウ.関東ブロック(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・静岡県)
エ.北陸ブロック(新潟県・富山県・石川県・福井県)
オ.東海ブロック(岐阜県・愛知県・三重県)
カ.近畿ブロック(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)
キ.中国四国ブロック(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県)
ク.九州ブロック(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)
ケ.沖縄県(外部リンク)

<添付資料>
平成30年産の水田における作付状況(平成30年9月15日現在)(PDF : 88KB)
平成30年産の水田における都道府県別の作付状況(平成30年9月15日現在)(PDF : 74KB)

お問合せ先

政策統括官付穀物課水田農業対策室

担当者:上杉、海老原、齋藤
代表:03-3502-8111(内線4778)
ダイヤルイン:03-6744-7135
FAX番号:03-6744-2523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader