ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 輸入小麦の政府売渡価格の改定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年2月26日

農林水産省

輸入小麦の政府売渡価格の改定について

農林水産省は、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(平成6年法律第113号)第42条第2項」に基づき売り渡す輸入小麦の平成27年4月期の政府売渡価格を決定しました。

1.政府売渡価格の改定内容

輸入小麦の過去6か月間(平成26年9月~平成27年2月)の平均買付価格は、小麦の国際相場が、潤沢な世界在庫量見込みを背景に軟調に推移した一方で、為替相場が円安基調となったこと等から、前期に比べやや上昇しました。
この結果、平成27年4月期(平成27年4月~9月)の輸入小麦の政府売渡価格は、政府売渡価格の改定ルールに基づき、過去6か月間の平均買付価格を基に算定すると、5銘柄平均(税込価格)で60,070円/トン、3.0%の引上げとなります。

 (単位:円/トン)

政府売渡価格

26年10月期

27年4月期

対前期比

5銘柄加重平均(税込み)

  58,330

  60,070

3.0%

 

注1:5銘柄の内訳
・ハード・セミハード系小麦

アメリカ産ダーク・ノーザン・スプリング(DNS) 主にパン・中華麺用
カナダ産ウェスタン・レッド・スプリング(1CW) 主にパン用
アメリカ産ハード・レッド・ウィンター(HRW) 主にパン・中華麺用

 ・ソフト系小麦

オーストラリア産スタンダード・ホワイト(ASW) 主に日本麺用
アメリカ産ウェスタン・ホワイト(WW) 主に菓子用

注2:ハード・セミハード系小麦の27年4月期における政府売渡価格は、税込みで60,390円/トン(対前期比+1.7%)です。
ソフト系小麦の27年4月期における政府売渡価格は、税込みで59,440円/トン(対前期比+5.4%)です。

  

2. 政府売渡価格の算定要素の反映のあり方

 輸入小麦の政府売渡価格は、平成19年度以降、小麦の国際相場等の動向が輸入小麦やその加工製品の国内価格に適切かつ迅速に反映されること等を目的として、過去の平均買付価格を基に算定する相場連動制を導入したところです。
このような観点から、次回(平成27年10月期)以降の政府売渡価格の改定においては、小麦の国際相場等の直近の動向が適切に政府売渡価格に反映されるよう、価格の算定期間を新価格適用開始時により近づけるよう検討いたします。 

 

 


<輸入小麦に関する相談窓口>

 窓口設置場所:農林水産省生産局農産部貿易業務課麦類需給班
電話:03-6744-1253(直通)
インターネットによるお問合せ:
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/d8f5.html


 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

生産局農産部貿易業務課
担当者:大橋、新木
代表:03-3502-8111(内線5012)
ダイヤルイン:03-6744-1253
FAX:03-6744-1390

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図