ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > バターの追加輸入の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年8月5日

農林水産省

バターの追加輸入の実施について

昨今の生乳生産の状況及び今後の見通し等を踏まえ、年末にかけて需要期を迎えるバターについて、十分な供給量を確保し価格の高騰を未然に防ぐ観点から、「加工原料乳生産者補給金等暫定措置法(昭和40年法律第112号)第13条第2項の規定」に基づき追加輸入を実施します。

概要


昨年の猛暑による生乳生産の落ち込みを受け、生産者団体は増産型の生乳の計画生産に取り組むとともに、政府はこれまで数次に渡り、国家貿易によるカレントアクセス輸入を活用しバターの輸入(今後の予定も含めて11.7千トン)を行ってきたところです。

しかしながら、牛乳乳製品の消費は底堅い一方、昨年の猛暑や東日本大震災の影響が残っていることに加え、今夏も平年並み以上の気温となる可能性が高いと予想されていることから、今後、生乳生産量の回復に時間がかかるおそれがあり、その場合、バターの生産量が伸びず、年末の需要期に向けて在庫水準が低下する可能性も否定できません。

このため、バターの十分な供給量を確保し価格の高騰を未然に防ぐ観点から、年末に向けて一定水準のバターの在庫を確保することを旨に、今般、独立行政法人 農畜産業振興機構(ALIC)による業務用冷凍バター2千トンの追加輸入を実施します。

 

スケジュール

 

お問い合わせ先

生産局畜産部牛乳乳製品課
担当者:需給班 渡辺(内線4930) 価格調査班 松本(内線4934)
代表:03-3502-8111(内線4930)
ダイヤルイン:03-3502-5987
FAX:03-3506-9578

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図